ホーム > ひとり言 > 料理のチカラ

料理のチカラ

スポンサードリンク
P1050829

きのうの晩ごはん

えびクリームコロッケ、鶏カツ、いろいろサラダ。

全部で530円。

クリームコロッケは多めに作って冷凍してあったもの。



「揚げ物が食べたい」という夫のリクエスト。

夫は天ぷらやフライなど、揚げ物が好きなのだが 異動になって仕事内容が変わって以来

帰宅時間が遅くなったため

健康を考えて平日の晩ごはんはあっさりとした和食を心がけていた。

週末は、手間なくできる鍋が定番化していたが、

カロリーが高い揚げ物を食べるなら、

早い時間から食事ができる週末しかないもんね。

 

夫の食べたいものを作ってあげることが、一番の愛情だと思っている。

私の両親は不仲だったので、幼い頃 私は結構苦労した。

両親の食の好みの違いによる心のすれ違いもたくさん見てきた。

そして学んだ。

夫が食べたいものを作ることこそ 夫婦仲良く、家庭円満でいる秘訣なのだと。

私はしあわせになりたいから、料理をする。

心を込めて。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. うっちーさん、初めまして。半年ほど前からベビ待ちのためフルタイム勤務からパートに切り替えたアラサー主婦です。私はもともと料理があまり好きではなかったのと夫とは味付けの好み等が違っていたこともあり料理はあまり喜んでもらえたことがありませんでした。昨日も料理で失敗をしてしまい夫に「料理が苦手ならまたフルタイムで働いて稼いで全部外食にしたらいい」と言われてしまいました。「夫が食べたいものを作るのが家庭円満の秘訣」この言葉が心に響きました。子供のことを考えると今のまま働きたいのですが夫婦仲が良くなければ元も子もないですし…悩んでいます。前向きに料理を作るためにはどうしたら良いでしょうか??

    Reply
    • 次回のブログにかいてみようと思います。
      よかったら読みにいらしてください。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。