ホーム > 節約レシピ > 鍋もの > タンメン鍋 (2012/11/12)

タンメン鍋 (2012/11/12)

スポンサードリンク
1112_02

きのうの晩ごはん

タンメン鍋。

全部で830円。



「タンメン」=「塩味のラーメン」のことね。

 

私の作る鍋の具に、いつも豚肉と、白身魚が入っているのには、訳がある。

 

豚肉は、若者の(息子の)食欲を満たす目的で入れてある。

 

白身魚は、夫の健康を思い、さっぱりと、たんぱく質を摂ってほしいと思ってのこと。

 

1112_01

スープには、「マルちゃん しおラーメンスープ」 4コを使用。

 

このラーメンスープは、ほんとうに「使える」。

 

野菜炒めや、野菜炒めをあんかけにして、ごはんにのっけたり、

 

あんかけ野菜を塩ラーメンにのっけたり、

 

塩味カニたまを作ったり、ほんとうに便利。

 

今回は、このラーメンスープで鍋を作った。

 

1袋につき300ccの水で薄めるとかいてある。

 

鍋には、だいたい1200ccくらいのダシが必要なので、

 

ラーメンスープ4袋、水1200ccを加える。

 

が、これだと味がイマイチ薄いので、

 

マルちゃんしおラーメンスープ1袋につき、塩 小1/2 を加えるとおいしい。

 

なので、4袋につき 塩 小2を加える。

 

これで、バッチリ 味がキマる。

 

 

1112_03

野菜は、「キャベツともやし」が、ナイス相性。

 

ラーメンは、シメではなく、固めにゆでたものを鍋のかたわらに置いて、

 

鍋の具と一緒に「シャブシャブして」いただくのが、好みの食べ方。

 

固めにゆでたラーメンは、

 

ザルから移したままにしておくと、くっついて食べにくいので、

 

そうめんの時のように、ひと口ずつ箸ですくえるように

 

ゆでた際にひと口のかたまりに、しておくのが、ポイント。

 

この塩スープが、とにかくおいしいので、

 

シメは、雑炊で。

 

クセになる、おいしさ。

 

鍋の可能性をさぐる うっちーの、イチオシと言っても過言ではないかも。

 

😛

 

節約をしていて、思うことは

 

「上を見たら、キリがない」ということ。

 

友達とランチをしていて、外食の回数がハンパない友達がいる。

 

生活に余裕があるんだなー、と思う。

 

私も、つい5年くらい前までは、生活にゆとりがあった。

 

けれど、人生は なにが起こるかわからない。

 

アラフィフになって、やっと

 

「どうして自分だけ、こんなにツライのか」と、思わなくなった。

 

つらさは、みな、平等にやってくると、わかったから。

 

「困難がやってくる時期」が、人それぞれ、タイミングが違うだけのこと。

 

重要なのは、つらい時を、逃げずに受け入れ、乗り越えようと思う覚悟があるかどうかということ。

 

逃げずに受け入れ、困難を乗り越えた時、

 

つらさの中に隠された「しあわせのタネ」を、見つけることができる。

 

立ち向かう強さを、試されている。

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。