ホーム > ひとり言 > 温泉

温泉

スポンサードリンク
P1050939

きのうの晩ごはん

ホテルのバイキング料理。

カニが食べ放題だった。感涙。



夫と一泊の温泉旅行に行ってきた。

費用は私が稼いだ分を少しずつ蓄えてきたものからねん出した。

費用5万円。

私にとっては高額な出費だけれど、

自分が生み出したお金で賄えたことが純粋にうれしい。

夫は仕事の内容が変わってから、

激務が続いていた。

「やらないといけないことが山積みで、頭がパニックになりそうだ」

「眠っていても、脳みそが懸案事項を休むことなく考えているから

眠った気がしない。朝起きても、疲れている。」

そんな夫をずっと心配していた。

夫には、心を開放して日常から解き放たれる時間が必要だ。

そう感じていたので、

私が今回の旅行を提案した。

温泉地数が全国3位を誇る有名な温泉王国で、スキー場としても有名なところ。

高速を飛ばしてお昼に到着して、夫はスキーに出かけて行った。

私も、若い頃はスキーをしたけど、今は身体を壊してしまったので

お湯につかってのんびりしながら夕食の時間までを過ごした。

「楽しかった。スキーなんてほんとうに久しぶり」

夫が目を輝かせて戻ってきた。

人生をたのしむためには、こんな時間が必要なのだ。

たとえ節約していても、

生きていくことを愉しむための予算を確保できる自分でありたい。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 連日のコメント失礼します。温泉もご主人の輝いたお顔もうっちーさんにとって嬉しいものでしたね!実は我が家も来月温泉旅行を計画してます。同居の義父母も連れて。
    費用は押さえながらの計画も楽しいです!
    私もうっちーさんみたいな妻になりたいです。

    Reply
    • 義父母も連れて温泉旅行だなんてすばらしいです。
      やさしいですね。
      親孝行は、きっと自分にかえってくると思います。
      私も見習います。

      Reply
    • 老後になったら夫婦ふたりで旅をして楽しみたい、という男性の言葉を聞くけれど
      歩けなくなったら旅行にも行けないですもんね。
      がっちり節約して旅行の予算をとって、人生をたのしみます。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。