ホーム > 節約術 > 家計簿

家計簿

スポンサードリンク
P1060006

 

きのうの晩ごはん

白菜の塩炒め、サンマの竜田揚げ、ほうれん草のごまあえ、みそ汁。

全部で530円。



結婚してからずっと、家計簿をつけてきた。

ただし、集計しない、見直さない、反省しない、工夫しない



のザル家計簿だったが。

夫のボーナスが激減し、このままでは家計が破たんすると危機感を抱いて

やっと本気で家計簿と向き合うようになり、

「集計、反省、工夫」のサイクルが身についてきた。

本気で家計簿をつけてみると、

どんなふうに毎日を生活しているか、

どんな価値観を持ってお金を使っているか、

ひいては、どれだけ未来を考慮して今を生きているかさえもが

家計簿から見えてくる。

結婚した頃使っていたのが、右側の「羽仁もと子案 家計簿」

P1060002

根強いファンが多く、シンプルで、費目別の欄が気に入って購入したのだけれど、

ボーナス分を各月に振り分けて、

毎月の給料に含めた金額を「1か月に使えるお金」とする考え方だったので、

ついつい気持ちが大きくなり、お金を使いすぎてしまい

私には合わなかった。

左側の現在使っている「袋分け家計ノート」は、固定費などを差し引いた、

純粋なやりくり分を袋に分ける方法なので、

1か月に使えるお金がタイトで把握しやすく、自分には合っている。

記入しやすいデザインだったり、つけ続けやすい仕組みなど、

自分のフィーリングにマッチした家計簿との出会いというのも大切な要素。

今年こそは家計簿をつけ続けるぞ、と節約に燃えている方。

自分に合った家計簿を見つけられたらいいな、と思う。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 初めまして。
    先日、偶然見付けてから毎日暇を見付けては読ませて頂いてます。
    私は30代、子供が3人で長男は小学校、次男は幼稚園、長女は自宅で見てる…感じです。

    家計簿、独身時代から2年程前までつけてはいましたが、つけてるだけで満足し、見返したり反省したりすることはなく、最近になって家計簿の大切さに気付きました。
    やりくり出来ないし、貯金出来ないし…
    そんな自分から抜け出したいと思い、まとめ買い等取り入れて自分にあったやり方を探そうと思います!!

    毎日楽しみにしています。
    また覗かせて頂きます!!

    長々とすみませんでした。

    Reply
    • 私もやりくりできませんでしたし、貯金もできませんでした。
      でもそれではマズイと気がついて
      今頑張っているところです。
      子どもが小さいうちが貯めどきですよー^^

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。