ホーム > 節約術 > オリンピックと光熱費

オリンピックと光熱費

スポンサードリンク
P1060003

きのうの晩ごはん

ハンバーグのトマトソース煮込み、白菜と豚こま肉のはるさめスープ、

れんこんとごぼうのマヨサラダ。

あいびき肉300g300円、しめじ1/2袋40円、れんこん1こ170円、

白菜3枚30円、豚こま肉100g100円、トマト水煮缶90円。

はるさめ少々20円、にんじん1/3本10円。

全部で760円。

白菜と豚こま肉のはるさめスープは、だし汁で具を煮て、

酒大1、しょうゆ小1、昆布茶適量で味つけしたあっさり味の汁もの。

くたくたに煮た白菜とはるさめがおいしい。

昆布茶で味つけしたのは、

あっさり味の汁ものが食べたかったこともあるけど、

次の日にこれを豚汁に展開するつもりでいるためでもある。

私の料理はリメイクとは言わない。

次の日の料理につながる「節約展開料理」



連日、深夜のオリンピックが熱い。

夫はスポーツをするのも観るのも好きな人なので、



睡眠時間を削って、生中継のオリンピック観戦に燃えている。

私はというと、

睡眠時間が足りないと身体がもたない体質なので

夜中の2時3時まで起きているなんて、ムリ。

「先に寝るね、おやすみー。」

リビングに夫を残して、夜11時にはそうそうに寝室へひきあげる。

テレビでスポーツ観戦して毎日たのしめるなんて、お金がかからなくて最高だ、

毎年オリンピックがあればいいのに、

なんて思っていた私が甘かった。

うちの暖房は石油ファンヒーターを使用しているのだが、

二日にいっぺん灯油を補充していたファンヒーターが

このところ、毎日灯油を入れなくてはならない事態に。

連日深夜まで暖房を使っている人がいるせいだ。

灯油が値上がりしているので、家計を考えると黙ってはいられないところだけれど

4年に一度の冬の夫の愉しみを思うと

節約のために早く寝てくれ、とはなかなか言えない私なのだった。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 結構前の過去記事を拝見していた時に、ご主人様がサラダを召し上がる事を習慣にして素晴らしい効果があったという内容を見つけました。私にはすごく新鮮でした。私がダイエットに興味を持った時には、サラダは体を冷やすから、温野菜のほうが痩せる、という風潮があったからです。好きなサラダをダイエットに活用できない事が物足りなく感じていました。でもご主人様のサラダの事が印象に残っていたので、最近は毎日サラダを食べていて、心身共に大満足です。私の場合、痩せるには1回量が決め手なので、野菜であっても食べ過ぎないようにはしているのですが、難しい時もありますね。お写真の様なちょうどよい量でおいしく満足出来る人になる事が今の目標です。

    Reply
    • 冬はレタスもきゅうりもお高いので、毎朝のサラダはけっこう大変なのですが
      夫が続けている朝の習慣を尊重しようと思っています。
      今もスリムです(^^)
      私は冬は生野菜は「身体が冷える」というより食べると「寒く」なってしまうのでやめています。
      身体がイエスと言うような野菜のちょうどいい食べ方って、人それぞれなのかも。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。