もやし

スポンサードリンク
P1060032

きのうの晩ごはん

坦々もやし鍋。

全部で580円。

P1060037

もやしをたっぷりひとり1袋食べる もやし鍋。

固めにゆでた中華めんをしゃぶしゃぶし、

焼肉のタレで甘辛く味つけしたひき肉をトッピングして、いただく。



「もやしをどうやって保存していますか?」

読者の ななさん から質問をいただいた。



もやしって安価なので節約の強い味方だけれど

日持ちがしないのが悩み。

野菜炒めなどには生のもやしを炒めるに限るけれど

とりあえず3~4日保存したいと思ったら

熱処理するしかないと行き着いた。

1リットルの熱湯に、塩大1、ごま油大1を加えて沸騰させ

もやし1袋を投入して1分間ゆでる。

ザルに上げて冷まし、冷めたらクッキングペーパーを敷いた容器に入れて保存。

夏なら2~3日、冬は3~4日もつ。

味がついているのでそのままでもおいしいし、

胡麻和えや、蒸した鶏肉などと合わせて和風ドレッシングで仕上げたり、

いろいろなあえものにも幅広く応用が利くので、

最近はこの方法が気に入っている。

節約に寄り添ってくれる安価なもやしは 貴重な生鮮野菜。

傷みやすくて、油断するとだめにしてしまいがちなもやしだからこそ

ちょっとしたひと手間をかけて、大切に使い切りたい。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. こんにちわ。アメブロのときからよく見させてもらってました。

    もやしの保存方法ですが、タッパーにもやしと水を入れて、一日一回水を取り替える方法で一週間ほどは保ちますよー♪
    シャキシャキ感もなくなりませんしオススメです。

    Reply
    • 水を張ったタッパにもやしを漬けておく方法は
      水を毎日かえるのが面倒で続かず、私にはむいていないようでした。
      マメに水をかえることができるなら、オススメの方法ですよね(^^)

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。