ホーム > 節約術 > 食費の集計 > 2月の食費集計

2月の食費集計

スポンサードリンク
P1060102

きのうの晩ごはん

白身魚のフライ、バンバンジー、キャベツのグラタン、キャベツの浅漬け

キャベツのみそ汁。全部で670円。

春キャベツが甘くておいしいので、ゆでて、炒めたウインナとグラタンにした。

白身魚のフライは、まとめ買いした日にパン粉をつけて冷凍したものを

解凍して揚げたもの。



貯金の加速度をあげるため、1か月を33日として生活することにした。

1か月を33日間で生活すると、12月の生活費が浮く計算になる。

2月は2/3~3/7までの33日間。

シメ日までちょっと早いけど、

もうお金を使う予定はないので2月の食費を集計した。



<2月の食費>2/3~3/7

副食費   19,990円

調味料費   3,789円

嗜好品費   5,404円

米代     2,900円

その他主食費 1,507円

外食費    1,050円

合計    34,640円

外食費1050円は くら寿司のテイクアウト分。

1月の食費集計はこちらからご覧になれます。⇒  http://uchisetsu.com/1430

最近夫婦ふたりの生活になったので、食費をもう少し減らしたいのだけれど、

息子が一緒に住んでいた時の感覚がまだ抜けていない。

「生活を小さくする」というのは、案外難しい。

食費は特に、ちょっと油断するとすぐに予算を超えてしまう。

有名な俳優さんが

「一流とは、レストランで食べたいものを金額を気にすることなく頼めること」

と言っていた。

食べたいものを食べたい時に、食べたいだけ買うことができたら

どんなにいいだろうと思う時もあるけれど、

一流の節約をするためには、

食べたいものの金額を見て、まず考えることから始まる。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. とってもおいしそう!キャベツたくさん食べたいけど、うちには違う野菜のストックがある・・・。最近1食分量が少なめに出来るようになりました。以前は毎日きちんと睡眠とって、気合を入れて少食にすることは出来たけれど、疲れがたまるとたくさん食べてしまっていました。食べすぎは体に負担がかかるので、疲れのとれないうちに次の仕事をするライフスタイルの私には、ダイエットを別にしても申告な問題です。疲れてると食べたくなるけど、勢いにまかせて食べていたら、さらに疲れてしまう・・・。コントロールに苦労していましたが、最近具合が悪くなる事を恐れて自然と少食を守っているんです。お写真の1人分、1食分の量が伝わってきて、とても参考になります。私もお料理上手になっていろんな種類を適量楽しめるようになりたい!

    Reply
    • 食欲をコントロールすることは女子の永遠のテーマかもしれませんね。
      食べる量を適正に守るためには、メンタルのケアも重要です。
      たくさん食べないと満腹中枢に伝わらない時は、
      野菜の量を増やして、食事をしながら健康茶をたくさん飲んで、歯ごたえのよいものをよく噛むと
      次第に満腹を感じてきます。
      たのしく食事ができたらいいですよね。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。