ホーム > 節約レシピ > 煮物・蒸しもの > バブル世代のプチプラコスメ&切り昆布の煮物レシピ

バブル世代のプチプラコスメ&切り昆布の煮物レシピ

スポンサードリンク
P1060147

きのうの晩ごはん

たらのつみれ鍋。全部で650円。

P1060149

夫のお弁当。鮭、肉団子、切り昆布の煮物。

鮭は焼いて1尾ずつラップに包んで冷凍しておいたもの。

肉団子も、ハンバーグを作ったついでに丸く焼いて3~4個ずつ小分けにして

冷凍しておいたもの。

朝にレンジでチンするだけでおかずができる。

P1060146

お弁当にもう1品入れた切り昆布の煮物は、作り置きのおかず。

<切り昆布の煮物>

①ごま油でにんじんを炒め、切り昆布も加えて炒め、油揚げを加えて

ひたひたの水とほんだし少々、酒大1、みりん大1、を加えて

にんじんが8割ほど柔らかくなるまで煮る。

②にんじんが少しやわらかめになったら、めんつゆを入れて煮る。

③薄味に仕上げて、冷まして味を含ませる。

煮物は冷めて行く過程で味が染みるので、薄味に煮て、冷まして味を染み込ませ

少し時間をおいて味見をして、味が薄すぎると思ったら、再度加熱して

麺つゆを少々足して、好みの味に仕上げて作ると、おいしい煮物になります。

私が愛用する麺つゆは「ヤマサの昆布つゆ」煮物に便利。

ひじきの煮物も、切り干し大根の煮物も、この作り方。



バブル世代を過ごしてきた私は

OL時代は高級化粧品を使っていた。

仕事の帰りにデパートの化粧品売り場に立ち寄っては

顔なじみのカウンターのおねえさんに勧められるままに

高額な品をいくつも購入していた。

スーパーの片隅に陳列してあるようなプチプラコスメは



女子中高生の使うものだと思っていたが、

節約するようになった私を支えてくれるのは、まさしくそのプチプラコスメさま。

眉もチークもリップも、プチプラによってまかなわれている。

節約を決意したばかりの頃は

化粧品のランクを下げなければならない自分が

何かに負けたような、なんともいえず悔しくて寂しい気持ちになったものだけれど、

気持ちを切り替えて

プチプラコスメのコーナーをよく見てみると

その品数の多さとクオリティの高さに圧倒される。

なんだ、なん千円も出さないと化粧品は買えないものだと思っていたら

数百円で納得のいくものが買えるんだ、と今さらながらに気がついた。

バブル世代の、遅い気づき。

たとえ節約していても

女でいる限り、最低限のみだしなみは整えていたい。

そんな「節女」にとって、プチプラコスメは最後の砦。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. バブル世代の遅い気づき。全くその通りですね。
    私もバブル時代に青春を謳歌しました。価格と品質は比例するという考えを捨て切れません。
    時代は変化しているのに、なかなか考え方が変えられませんでした。
    うっちーさんが以前よくつぶやていた「今頃気づくなんておばかなわたし」
    この言葉は、 今のわたしの気持ちそのままです。
    しかし、来月から息子二人が首都圏で一人暮らしをしながら私大に通うことになりまし。今まで浪費家で節約の仕方がわからなかった私ですが、本気の節約をはじめなければなりません。この試練は、今まで散財していた私に対する神様の罰だとおもってます。
    節約苦手だったうっちーさんがここまでできるならと、勇気づけられました。
    わたしも仕送りがんばります。

    Reply
    • 「今まで浪費していた私に対する神様の罰だと思います」というフレーズ、
      私もそう思っていました。
      無計画に好き放題に生活してきた私に、天罰がくだったんだと。
      でもね、違いました。
      神様は私に気づきと再生のチャンスを与えてくれたのだと、ずいぶんあとになってからわかりました。
      子どものためなら、親は頑張れるものです。
      それは、将来の老後の自分たちにもきっと役に立つこと。
      節約、いっしょに頑張りましょう。

      Reply
    • なんでもかまわないと思いますが、私はコレを使って煮物を作っています。
      参考までにと思って。

      Reply
  2. 早速お弁当のおかずと常備菜のせてくださってありがとうございます(*≧∀≦*)

    こういう常備菜好きなんですよ♪ 親と同居してるんですが親もこういうの好きだし絶対作ります(^-^)

    Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。