ホーム > ひとり言 > 夫のしつけ

夫のしつけ

スポンサードリンク
P1060153

きのうの晩ごはん

マーボー豆腐、厚揚げの煮物、大根の浅漬け、わかめのみそ汁。

全部で610円。



ようやく風邪が治って通常の生活ができるようになった。

いちばん身体がつらい時期が週末でよかった。

バイトがある日だったら、仕事を休んで大切なお時給がパーになるところだった。

「正しい風邪のひき方」をした自分を褒めてあげたい。

でも、主婦が具合が悪くなったがために、家族の食事にしわ寄せがくるのは

よくないなと痛感する。

一家の大黒柱だって、食事の支度ができたほうがいい。

夫は、今は食事を作らないけれど、節約する前は、



気が向けば休みの日に、趣味で食事を作ってくれることがあった。

けれど、この「オトコの料理」というのが厄介だった。

料理本のとおりでなければならない。

食材に妥協をしない。

ただのチンジャオロースなのに

肉は焼肉用の上質のカルビじゃなければいけないとか言って、

食費がとてつもなく高くついた。

それでも、夫も料理が作れたら

私が具合が悪いときに助かるし、

夫自身にとってもメリットは大きいと思って

グっとこらえて見守っていた。

けれど、節約しなければならない状況になって

そんなことを言っている場合ではなくなり、

気づくと、夫が料理の腕をふるう機会を、私はとりあげてしまっていた。

夫があのまま料理の腕を磨いていたら

今頃、私が病気をしても

晩ごはんに困ることはなかったかもしれない。

食費を度外視しても、夫の料理能力を向上させる方がいいのか、

節約重視の方がいいのか…。

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 男の料理はたべたくないと思ってた私も体調をくずし、主人がご飯を作ってくれた事があります。豚コマと玉ねぎの千切りを焼肉のタレを1瓶つかって煮込まれたオカズ。安くできたご飯でしたが、かなりしょっぱくて…休みとはいえ、ご飯を作ってくれた事が嬉しくて『美味しい!ありがとう!』と言いました。後から思うと普段、私は主人にご飯を作り食べさせてると思ってましたが、↑この出来事からキチンと私の作ったご飯を食べてくれる事に感謝するようになりました。私も普段節約に燃えてるので絶対体調崩さないようにしてますが、男メシのおかげで知る事ができた感謝もありました! たまーーになら旦那さんに作ってもらうのもいいですね( ^ω^ )

    Reply
    • ハプニングから学ぶことってありますね。
      ご飯を作ってくれたご主人、やさしいですね。
      感謝の気持ちをきちんと伝えたねこままさんも素敵です。

      Reply
  2. 男の人もやる気になれば、食費を気にした食事を作ることが出来るかもしれませんね。一人で子供を育ててるお父さんは、食費を意識されていることでしょう。
    しなくてはいけない状況だからかな?
    男の料理を作ってくれたなんて素敵ですね。
    うちは、料理は出来ずおにぎりを子供に作っただけで、キッチンは散らかり、後片付けは絶対しません。
    幼い頃からの母親の教育なのか、料理、片付けも気軽に出来る男の人がいいです。

    Reply
    • ご主人がおにぎりを作ってくれたなんて、ほほえましいですね^^
      料理ができる旦那様の方がいいに越したことはないけれど
      料理ができるように少しずつ慣れてもらう作戦もいいかな、と思います。
      最終的には自分で料理ができたら、自分の助けになりますものね。

      Reply
  3. うっちーさま
    おはようございます。 はじめまして(^O^) うんたんと申します。
    風邪治って良かったですね。
    私も時々おじゃまして、美味しそうな晩御飯や節約の心構えを参考にさせて頂いています。ありがとうございます。

    私は今、この春からの私立大学生2人の 莫大な教育費におびえています。(笑)
    しかも下の子は理系で6年間の予定です。
    恐ろしい額の教育費です。
    しかも訳あって家も収入が半減してしまい、節約を余儀なくされています。

    うっちーさんのブログを読んでいると、意志の弱い私も がんばろーという気持ちが湧いてきます。
    それと今まで子供たち中心に家庭のことを考えてきた自分を反省したりします。 うっちーさんはご主人を大事にされていて、偉いですね。
    大分遅すぎる感はありますが これも見習わせて頂こうと思います。

    これからもブログ楽しみにさせて頂きますね。
    またコメントさせていただきます。

    Reply
    • 理系は6年間と在学期が長いので、教育費も覚悟が必要ですね。
      けれど子供の未来を支えていると思うと、親は頑張れるものです。
      ご主人さまを大切にする気持ちに気づくことに、遅いことなんてないですよ^^
      気づいた時が始めどき。どんどんいたわりの言葉をかけてください。
      きっとご主人もやさしくしてくれます。
      夫婦が仲良くいれば、どんな困難も乗り越えて行けると信じています。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。