ホーム > 主婦・生活 > ダイエット > ドカ食いを防ぐために

ドカ食いを防ぐために

スポンサードリンク
P1060250

きのうの晩ごはん

ゆでキャベツと豚しゃぶ、厚揚げのみそ炒め、れんこんのきんぴら、

ほうれん草のおひたし。

全部で810円。

<豚しゃぶのたれ>味ポン大3、ごま油小1、白すりごま大1

やわらかい春キャベツをさっとゆでて、豚しゃぶとたれでいただく。

もりもりキャベツが食べられて、低カロリーで太らないぞ。

ほうれん草はいただきもの。お隣さんからたくさんいただいた。

ありがたい。おかげさまで、ぐーんと食卓が豊かになった。



先日、3千円の臨時収入が入った。

貯金しようかどうか迷った末に

自分のためにたのしく遣う道を選んだのは



節約にストイックになりすぎるあまり、我慢の限界を超えて

ある日突然、衝動買いに走ったり、高額商品を購入したりしてしまうような危うさを

抱え込んではマズイと思ったのだ。

我慢しすぎると必ず反動がくることを、

今までの経験で、私はいやというほど知っている。

ダイエットでいうなら

食べたいものを我慢していると、やがてダムが決壊する。

ダム決壊とは、すなわちドカ食いの衝動に襲われること。

ドカ食いの結果、体重がバーンと増えて、自己嫌悪に陥り、気持ちがすさむ。

意志の弱い自分をなじる。どうせ自分なんて、と投げやりになる。

ダイエットをあきらめる。やけ食いに走る。ますます太る…という悲しい構図。

そんな状況に陥いる前に、手を打つのがいちばんいい。

そうならないためには、

日々我慢して、欲望と戦っている自分に、たまにはささやかなご褒美を与えること。

ダイエットの癒しには、時には食べたいものを自分に許す。

節約の慰めには、少額のたのしい買い物を。

ダイエットに何度も挫折したからこそ、

小さな息抜きが大ごとになることを防ぐことを、誰よりもよく知っている。

節約も、思いつめないことが大切。

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 今日の記事を拝見して、小さな贅沢を自分に許す時、罪悪感を感じてはいけないと学びました。大きな贅沢を目指すあまりがんばる事をよくばるのは効率が悪いのかもしれないと少し胸が痛いです。でもどうしてもてっとりばやく達成していきたい自分がいて、兼ね合いがとても難しいんです。

    Reply
    • 結果をすぐに出したくなりますよね。私も同じです。
      自分の気持ちをどう落とし込んで、継続させるか、そして望むような結果につなげていくか、難しいです。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。