痩せたい気持ち

スポンサードリンク
P1060319

きのうの晩ごはん

イカのトマトソースパスタ、チーズフォンデュ、新玉ねぎのサラダ、枝豆。

全部で740円。

トマトソースはトマトの水煮缶詰で作った。

<トマトソース>

★(ホールトマト缶詰1、塩小1/2、砂糖小1/2、コンソメ小3/4、

すりにんにく小1/2、オリーブオイル大1/2)

①★の材料を耐熱容器に入れ、電子レンジで20分加熱。

②加熱した①にこしょう少々、ケチャップ大1、しょう油小1/2、乾燥オレガノ少々を加えてソースが完成。

③イカをの皮をむいて輪切りにして、ゆでる。

④トマトソースにゆでたいかをからめる。

⑤ゆでたパスタに④をかけていただく。

このトマトソースはピザソースにもなるし、塩こしょう小麦粉をまぶして焼いた白身魚や鶏肉にかけてもおいしいし、それにさらに溶けるチーズをのせて焼いてもおいしい。



「最近ウオーキングを始めたんだけど、

昨日頑張って1時間半も歩いたのに1gも痩せてなかったのよ、イヤになっちゃう」

電話口で友人がぼやいていた。

春はダイエットに燃える女子たちでいっぱいだ。

夏までに3キロ減らしたい、そう意気込む彼女の気持ちは痛いほどわかるけれど



痩せたければ無理は禁物。

行動にムラがある人ほど長続きしない。

目標を達成したければ適量をコンスタントに長く続けることが大切。

熱しやすく冷めやすい人や

目標が高く、結果を早く求めたがる人、

ゼロか100、白か黒という考え方の人は挫折しやすい。

私がそうだから。

それでもメンタルを健康に保てればダイエットは成功する。

熱くならず、冷めることなく、じんわり「保温状態」の意欲を保ち続けること。

目標「まずは1キロ減らす」と低く設定し、

クリアしたらまた1キロ、というふうに段階を踏みながら

小さな達成感を積み重ねる。

「ゼロか100」ではなく「50くらい」、

「白か黒」ではなくグレーでよしとする切羽詰まらない気持ち。

たとえ食べ過ぎてしまっても、

そのあとの3~4日で戻そうとする投げ出さない気持ち。

ダイエットは、意志の強さではなく メンタル次第。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. こんにちは!
    昨日、食品庫に賞味期限ぎりぎりのゆであずきの缶詰と切り餅の袋を発見。見ているうちに、無性にお汁粉が食べたくなって…。ばかですねえ、ダイエット中だというのに。食品庫は片付きましたが、贅肉がまたふえてしまいました。また今日から出直しです(笑)

    Reply
    • ダイエットは、欲望に負けたり、食べたい気持ちに打ち勝ったりの繰り返し。
      あきらめずにダイエットを続けるというへこたれない気持ちを持ち続けた人が痩せて行きます。
      やめないかぎり負けはしません。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。