節約仲間

スポンサードリンク
P1060425

きのうの晩ごはん

エリンギ、ハム、ブロッコリ、キャベツの入ったバターしょうゆ味のパスタ、

蒸し鶏、きゅうり、中華くらげ、みずなのサラダ、

ポテトサラダ、味つけ煮卵、大根の千枚漬け、枝豆。

全部で550円。

P1060423

今週のまとめ買い。3,963円



見栄っぱりなので、節約していることを誰にも言っていない。

けれど、たまに特売のスーパーでばったり遭うママ友は



節約を公言してはばからないひとり。

ハーゲンダッツのアイスが個数限定で4割引きになっていたから

朝から特売の列に並んだ、と たのしそうに話す。

節約なんてキョーミないわ、というスタンスを貫いている

隠れ節約家の私にとって

彼女の言動は、堂々としていて気持ちがいい。

ただ、明らかに私と違うところは

彼女は「欲しいものをおトクにゲットするタイプ」なのに対して

私はハーゲンダッツなどのお高い商品は

最初から買わない「ストイックタイプ」

贅沢品を購入すること自体をやめてしまう。

けれど彼女をみていると、

お得な情報を集め、欲しいと思ったものを貪欲に探し求める購買意欲の強さに

頭が下がる。

攻める節約とは、こういうことを言うのだと思う。

「私も節約しているのよ」と彼女にカミングアウトしたら

特売の情報交換ができて、

よりたのしい節約生活が送れるだろう。

でも、絶対そんなことはしない。

私、見栄っぱりなんだもん。

 

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. いつもあたたかいコメントありがとうございます。
    私も見栄っ張りで節約できないまま、崖っぷちまできてしまいました。
    会社員なのですが、今まで何も考えずに社食を食べていたのですが、節約を意識するようになってお弁当をもっていくようになりました。
    節約のためにお弁当にしたと悟られないように、高校生の息子のおべんとうを作るついでに、わたしもお弁当にしたのといっていました。
    先日も、この春息子が一人暮らしを始めたので、「もう息子のお弁当がなくなったから、お弁当作りがなくなって楽できますね」といわれ、節約のためにこれからもお弁当持ってくるよとは言えず、「社食は揚げ物が多いし、歳とると社食の量は多すぎるから健康のことも考えて、これからもお弁当にするよ」といっていました。
    私が今まで節約する気になれなかったのは、攻める節約に抵抗があり、またそれしか節約の方法がないと思っていたからでした。
    私の節約の概念を変えてくれたうっちーさんに感謝してます。
    私も隠れ節約でいきますよ。

    Reply
    • 人がなんといおうと、節約の目的が明確であれば
      どうにでも受け流すことができますね。
      自分はどうありたいのか、それが大切だと思うのです。

      Reply
  2. こんにちはうっちーさん。昨日の家族の育て方について思いました。
    うちの旦那は掃除洗濯料理の後片付け何でもやるひとです。問題は子供。高校生と中学生ですが朝起こしてもらうこと塾の送迎全て親任せ。私も進学校に通う子供に遠慮しお手伝いさせれませんでした。(成績は二人ともいいです)でも、この前勉強だけが出来る子供にしても意味がないって思ってました。その事も子供に常に言ってました。そしたら幸か不幸か私が捻挫してしまいました。何でも家事をする旦那は出張中。今から子育てのやり直しです。まず高校生の娘に弁当を作るようにと言いました。息子には犬の散歩とお使い。夕食やお弁当はレトルトや冷凍食品で節約は少しお休みになるけど子育てやり直します。

    Reply
    • 母親がネンザした非常事態の今は、子どもたちも言うことをきくかもしれませんが
      急にころりと態度を変えては、子どもたちの反発を招きかねません。
      子どもの様子や状態をよく観察し、好機を見極めて
      少しずつ家事参加を促すほうが、長続きして同意も得やすいかもしれません。
      よーく作戦を練りましょう。^^

      Reply
      • その通りですね。ゆっくり作戦を練ったほうがいいですね。今日は息子が湿布を買いにいってくれ、娘が夕食を作ってくれました。テスト前週間だから気はひけましたが。
        小学生の頃はお手伝いさせてたのですが、今は勉強に塾に部活に忙しそうで、、でも好機を見極め家事の出来る子供、自立出来る子供にしなきゃいけなですね。為になる温かい返信ありがとうございます。

        Reply
        • お母さんがピンチの時に子どもたちが協力してくれているなんて、素敵な家族ですね。
          頑張ってくれた子供たちにきちんと感謝の気持ちを伝えてください。
          それが子供の家事参加につながると思います。

          Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。