ホーム > ひとり言 > 風呂グッズ

風呂グッズ

スポンサードリンク
P1050581

きのうの晩ごはん

ぶりの照り焼き、小松菜と厚揚げの煮びたし、白菜と豚バラ肉の塩小鍋。

全部で720円。

小松菜の煮びたし。ヘルシーだからよく作るのだけれど

いっしょに合わせるのが油揚げだと、ちょっと物足りないので

厚揚げにしてみたら、食べ応えがあって、よかった。

小栗旬さんが 白菜と豚バラの鍋をハフハフ言いながら食べているCMを見て、



簡単だし、作ってみようと思うのだが、

うちのでっかい土鍋でそれを作ると

ものすごくたくさんの量の白菜と豚肉が必要となってしまい、不経済なので

直径13センチの小鍋で作ってみた。

白菜と豚肉をかさねて鍋に詰めたら

鰹だしを注ぎ、酒大1、塩、昆布茶で味つけ。

塩で薄味のベースを作ったら、味を決めるのは昆布茶。

まろやかなやさしいあじわいになる。

もう一品おかずが欲しい時、白菜と豚バラがあれば、簡単にできるから

鍋物としてではなく、「おかず」としてツカエル。



風呂場で使用したあとの、湿った足ふきマットを、そのまま干せるという

スノコが、テレビで紹介されていた。

真ん中から山型に折れ曲がって、その上にマットを乗せて乾かすのだそう。

うちは、

使い古しのバスタオルを半分に切って、

ほつれないように端を縫ったものを足拭きにして使っている。

 

P1050586
これを5~6枚作って使いまわしている。

使用後は、その都度洗濯する。

なので「足拭きマットを洗わずに干す」という発想がなかった。

身体の中で、菌がもっとも多い場所は、

脇の下でも、頭皮でもなく

足の裏だと、何かの本で読んだことがある。

毎日洗って清潔を保て、薄くて乾くのが早いタオルの足拭きマットは、

吸水性が優れていて、風呂上りに足を置いた瞬間から、使い心地抜群。

スノコを買い足す費用もかからず、

なにより、使い古しのバスタオルのリサイクルというところが

節約チックで、良いではないか。

 

 

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。