ホーム > ひとり言 > 節約のモチベーション

節約のモチベーション

スポンサードリンク
P1050642

きのうの晩ごはん

エビクリームコロッケ、白身魚のフライ、570円。

ケーキは800円。(いちご400円、生クリーム300円、板チョコ80円、卵4こ20円。

小麦粉、グラニュー糖、油脂は家にあるものを使用したので計算外)

夫の誕生日が近かったので、ケーキを焼いた。

節約しているので、ケーキは手作りをする。

たいしたケーキではないけれど、ワンホールのケーキにろうそくを立て

吹き消すのって、うれしいものだよね。

いちごには、アプリコットジャムを水で薄めて少し煮詰めたものを塗って、

アプリコティするとツヤが出て、おいしそうに見えるのだが、

アプリコットジャムは高いので、

調味料として常備してあるはちみつに、

ポッカレモンと水少々を加えてゆるめたものをいちごに塗ってみたら、

味も見た目も、アプリコティと遜色なかった。

節約の知恵の泉が、また湧いた。



節約をするには、モチベーションがあったほうがいい。

私が節約を決意したきっかけは



夫のボーナスが激減し、

このままでは息子の大学の学費と仕送り費用をねん出することができなくなると

強い危機感を覚えたことだった。

なんとしても、息子を卒業させるまで頑張らねば。

切羽詰まった気持ちで始めた節約だった。

「節約した方が貯金できて、いいよね。」くらいでは、弱い。

「痩せてた方が、きれいに見えるし、着たい服も着れるから、

痩せてた方がいいよね」

では、本気度が低く、成功率が低いのと同じ。

「なんとしてもあと10キロヤセて、

本命の彼をゲットしてやる」くらいの、高いモチベーションがあれば、

成功する確率はぐっと高まると言える。

想いの強さが、原動力。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 先月から、お邪魔して「ああ!そうよね、そうなの!」と心の中で呟きながら読ませて頂いています。

    我が家も男の子二人です。
    長男は、春から県外の国立大学に進学して、まさかの下宿生活をさせることになりました。
    次男は高校生ですが、教育費に頭を抱えています。

    大学の学費は私立に比べて安いのですが、理系なので大学院までの学費を覚悟しなければならないだろうと主人と話しています。

    次男の進路がまだまだ曖昧で、今後、どれだけ費用が掛かるのか…先の事を考える と、緩んだ生活費を何とか見直すんだ!と決心しました。

    子ども達が小さい頃、もっと貯金を頑張っていたら…と後悔しています。

    パートも頑張っていますが、買い物が好きで、毎日、買い物してます。
    まず、献立をたてて、買い物を三日に一回に減らします。

    Reply
    • 子供たちが小さいうちにもっと貯金していたら、と思うと後悔の念にさいなまれますね。
      でも、本気になった時こそ、真剣に取り組もうと思うし、結果が出ると思います。
      パートで家計を支えているなら、頼もしい限りです。
      あとは無駄を検証して、省いた分を学資にまわせばよいのですから。
      子を思う母の気持ちは、強いものです。きっと大丈夫。

      Reply
      • うっちーさん、ありがとうございます。

        この所、体調が、芳しくなくて(腰もですが、それ以上に膝が痛いんです)おまけに、車検の出費が予算を超えてしまってかなり落ち込んだりして。

        誰かに、大丈夫…って言って貰いたかったんです。
        いつまでもパートを続けられないかも知れないから、不安があって。


        頑張ろう!
        元気を頂きました!

        Reply
        • 体調が悪いと、気持ちが弱くなりますね。
          生身の人間だもの、いろんな気持ちを抱えて生きて行くのだと思います。
          でも、とりあえず、悩むより行動、でしょうか。
          悩む時間があったらお時給を稼がねば、と思うようになりました。
          教育費地獄を体験して、ずいぶん図太くなりました…。
          子供たちを一人前にするまで、もう一頑張り。応援しています。

          Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。