ホーム > 節約術 > 憂鬱なご飯したく

憂鬱なご飯したく

スポンサードリンク
P1050628

夫も息子も晩ごはんが要らない日。

帰宅して、食卓テーブルの椅子に座ろうと椅子を引くと、

ねこのさんなんが、にゅっと現れた。

ふふっと笑わせてくれるペットの存在に、どれほど癒されることか。



毎日晩ごはんの画像を載せている私だけれど

料理が好きなわけではない。



自分の仕事だと思ってやっている。

節約する前は、

ご飯支度をするのが苦痛で

出来合いの総菜を買って一品増やしたり、

料理をしなくてもすぐに食べられる刺身を安易に食卓に並べたりしていた。

自分では、そんなに贅沢はしていないと思っていたのだが、

そんな暮らしをしていたら、食費がハネ上がるのは当たり前だよね。

食費の予算など立てたこともなかったので

食べたいものを買って、食費が10万円とかになっていたが

節約を決意してからは、

いかに食費を減らすかがカギとなったため、

惣菜を買わずに食事を作ることを自分に課した。

しかし、ネが横着者で面倒くさがり屋の私。

夕暮れが近づくと「きょうのご飯は、なににしよう…。」と憂鬱になった。

ご飯支度が憂鬱にならなくするためには、どうしたらよいか。

考えた末に編み出したのが、

「一週間の献立を考えて、食材をまとめ買いすること」と

「ご飯支度に、早めに取りかかること」だった。

献立を考えるのは結構大変だけれど、

決まってしまえば、あとは食材を買っておくだけ。

必要な食材が冷蔵庫にスタンバイされているので

夕方になったら、機械的にキッチンに立って、予定のメニューを作ればよい。

なのに、

それでも作るのが億劫になる時がある。

出来合いの総菜に頼れば、ラクなのに…。

そんな甘えを追い出すために、

「料理嫌い」な自分の気持ちをラクにするために、

早い段階から料理に取りかかることに努めた。

ご飯支度の時間に余裕があると、心にもゆとりが生まれ、料理の苦痛も薄れる。

時間に追い立てられ、焦って失敗することもなくなると

きんぴらや煮物など、サブのおかずを作る余裕も生まれた。

常備菜があると、お弁当に使いまわしがきくし、なにより食卓が豊かになる。

時間は、「ない」のではなくて「創りだす」もの。

早めにキッチンに立つ余裕が

気持ちを前向きにし、料理のハードルを低くしてくれる。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 毎朝、必死にお弁当を作り
    朝ごはんらしい雰囲気を作り食し主人と子どもを送り出すと
    一仕事終えた気分。そして用事をしたり、ぼーっと過ごしたり
    たまにパートに行ったりして夕方が近づくと憂鬱な時間が・・・
    まさに昔のうっちーさんの状況が今の私です。私の生活を覗かれているのかと
    思うくらいで驚き、笑ってしまいました。
    献立は毎日、毎日が勝負!のような私が予定を立てて作る、ということがどんなに大変なことか。でもこれを出来るようにならないと、今の食費散在生活から抜け出せないのだと気が付いています。
    フルタイムで働いていたころ、お腹は何でもいいから満たされれば充分と思い、お料理嫌い~と逃げていたツケが回った来たのだと思っています。でも食事作りは毎日のこと。なんとかストレスにならず、楽しむことが出来るワタシになりたい。

    Reply
    • 食事作りは、主婦である以上永遠についてまわる仕事ですもんね。
      どうせやらなくてはならないことなら、イヤイヤやるのではなく、
      自分がたのしんだり、家族がたのしみに思う料理にしたい。
      おいしいごはんが待っていると、家族は家に帰りたくなるものです。
      そんな家庭の子供はグレずに育つんじゃないのかな、って思ったりします。

      Reply
  2. 献立を考えるの大変ですよね。
    本能のまま、食べたいものを作るわけにもいかず…(汗)
    野菜などの使い回しや味付けのかぶりがないように…など難しい。
    でも、買い物に行く日に冷蔵庫が空っぽだと達成感ありますね。
    やり切った感が楽しいです。
    さて、明後日の買い物に向けて献立を考えてみまーす。

    Reply
    • 夕暮れ時になって、今晩の献立を考えるのって、焦りますね。
      前もって2~3日分考えておくだけでも、気がラクになります。

      Reply
  3. 夫が週6お弁当なので毎日悩んでいます。ちょっと前までは、お弁当箱に詰めるスタイルだったので、夕飯に使いまわせる副菜を作って朝は簡単な調理と、それを詰めるだけでよかったのですが最近食べる時間がないそうで、片手で食べられるものをリクエストされまして;朝もギリギリなのでおにぎりを持っていっていますが、昼もお米で片手で食べられるものと言われて(パンはお腹が空くらしいです)、太巻き、山賊おにぎりをやりましたが、2食ともおにぎり(のようなもの)になって野菜不足が心配です。漬物を刻んだのを混ぜたり、きんぴらやきのこを炒めたのを入れたりしていますが・・・ウインナーやから揚げ、味付け卵など変り種も多いので、周りにビックリされているみたいです(笑)中に入れる野菜には最近行き詰まっています;働きながら3年間お弁当を作ってくれていた母のありがたみを再度感じました。今日もうっちーさんを見習って、午前中から出来るところまで夕飯の支度します^^

    Reply
    • 作る側にすると、朝も昼もおにぎりでは栄養が偏って心配になりますね。
      でも、ご主人はお昼をゆっくり食べる暇もなく忙しく働いている様子。
      昼食を食べないよりは、
      片手で簡単にでも、食べてもらえるおにぎりで、よしと考えた方がよい気がします。
      以前テレビで
      高層ビル建設に携わる人のお昼ごはん、というのを見ました。
      一度ビルの上まであがると、仕事が終わるまでビルの工事現場のクレーン車の中ですごし、
      お昼も、そこで済ますのです。
      その人も、「片手で簡単に食べられるおにぎり」を奥さんに作ってもらっていると言っていました。
      そのおにぎりというのが、直径17センチくらいはある、厚みのあるホットケーキ形で、
      海苔がまんべんなく貼ってあって、中の具は5種類くらい入っていました。
      鮭、焼肉、野沢菜漬け、塩昆布、エビの焼いたもの。
      奥様の愛と工夫を感じました。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。