ホーム > 節約術 > バブリーな妻

バブリーな妻

スポンサードリンク
P1050658

きのうの晩ごはん

チンジャオロース、ワンタンスープ、もやし炒め、大根の浅漬け。

全部で860円。



師走に入り、クリスマスの準備や年末年始の予定など

たのしくて忙しい月になった。

節約に目覚める以前、子どもたちが小さい頃は

お正月は家族で温泉に一泊旅行をしていた。



正月くらいは家事から解放されて、

のんびりさせてもらいたい、というバブリーな発想だった。

家族4人で宿泊すると正月料金ということもあって割高。

6万円くらいかかっていたのではないだろうか。

子供が小さいうちが貯め時なのに。おバカな私。

今、私が節約せざるをえない状況なのは

あの時ラクをしたツケを払っているのだと思う。

散財したお金は戻って来ない。

後悔しても時間は戻らないので、

本気になった今から、真剣に節約して、残りの時間を悔いなく過ごしたい。

だから、節約していても、もはや寂しいとか、やるせない、といった

後ろ向きな感情はなくなった。

目標が明確なら、迷いなく進むことができる。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 我が家もかなり切羽詰まってます。でもなぜだか最近逆に元気が出てきました。ゼッタイ乗り越えてやる‼︎ みたいな感じです。
    バブル時代にOLだった私は使いたい放題のまま主婦になり、今我が家の家計は大変な状態です。これからは賢い主婦になって、残りの人生心豊かに過ごしたいです。
    うっちーさんのブログ、いつも参考にさせていただいてます。

    Reply
    • バブル世代なんですね。
      切羽詰まっているのに、逆にファイトが出てきたなんて、頼もしいです。
      節約には、ある意味「開き直り」が大切かもしれません。
      いろんなこだわりを捨てていきながら、シンプルに暮らせたら、きっと自分に勝てます。
      一緒に頑張りましょう。

      Reply
  2. 私も切羽詰ってからはいかに物(お金)を捨てないか考えながら生活しています。ゴミ箱にセットするビニールはスーパーなどでもらえないので(ビニール袋は有料なのでエコバッグ必須です)商品を包んでいたビニールで代用。(オムツやトイレットペーパーのビニールなど)有料のゴミ袋は高いので無料のゴミで出せるように細かく分別し、なるべくぎゅうぎゅうにしてから出す!綺麗に詰められたときはなんだか達成感があります。20Lのゴミ袋を週2より、10Lのゴミ袋を2回のほうが半分の価格で済むので頑張っています。今では余裕があるまま捨てるのは、とても嫌な気持ちになるようになってしまいました。ちょっとセコイですかね^^;でもゴミにお金を払うなら別に回したいと思うので続けてしまっています・・・;

    Reply
    • 切羽詰まった人の強さを感じます。
      セコイのではなく、生きることに真剣になった証拠だと感じます。
      そんなふうにできる人は、お金が貯まって行く人だと思います。

      Reply
  3. うちの主人、社員旅行でハワイに旅立ちます。
    昨夜、通帳とにらめっこ。
    お小遣い、頭イタイです。
    散財したお金って、その場限りのことが多かった気がします。
    今からでも遅くないはず。と思い、お金から目を逸らさず、考えて使いたいです。

    Reply
    • ハワイに社員旅行とはスゴイですね。
      景気が上向いてきた証拠でしょうか。
      どうせなら家族も一緒に連れて行ってくれたらいいのにね。
      節約に真剣になった時こそ、成果が出ると思います。
      決して遅くはありません。私もそう思って頑張ります。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。