ホーム > 節約術 > 節約の哲学

節約の哲学

スポンサードリンク
P1050676

きのうの晩ごはん

ドリア、生鮭のムニエル、コンソメスープ。

全部で470円。



私は持病があるため、働きに出ることを断念し、節約の道を選んだ。

自分の経済力のなさを嘆いた。

けれどある時、共働きの友人が、



「お互いの稼ぎから生活費を出し合うけれど、基本は別会計。

買いたいものをガンガン買うせいか、いつまでたっても

私もダンナも、借金が減らないのよね。」

共働きだから、お金に苦労するとか借金などとは無縁なのかと思ったら、

そんなことはなさそうだ。

節約をしていると、欲しいものを我慢する場面が多くなる。

節約と我慢は、セットで存在する。

けれど、すべてにおいて我慢するのではなく、

無駄をできる限り省いて、それをほんとうに必要なものにあてるという

贅肉をそぎ落とした生き方だ。

いつまでたっても減らないような借金など決してしない。

大切なのは収入の額ではなく、

得たお金をいかに有意義に使い、目的のために貯めるかにある。

心の在り方が、お金の使い方に反映される。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. ご主人が好きそうな献立ですね。
    私もこんなご飯が大好きです。
    心の在り方…、納得です。
    うっちーさんの「一緒に頑張りましょう。」の言葉は励みになります。
    節約初心者なので、少しづつ自分の余計な脂肪と家計と削ぎ落としていこうと思います。
    夏から冷蔵庫のものを余りなく使えるようになったことも進歩だと思って、当たり前のことでも糧にできたらいいです。

    Reply
    • 食材を無駄にしないで使い切れるようになったなんて、すごいです。
      私も、食材を買って、冷蔵庫の中で腐らせ、捨てていました。
      食費の節約をするようになって、
      食費の予算を決め、予算内でおさめようと工夫する中で
      食材を無駄なく使い切ることができるようになりました。
      私にとっては、ものすごい進歩のある出来事でした。
      進化している自分をほめてあげてください。

      Reply
  2. いつも読ませていただいてます。
    我が家も今年子どもが専門学校に入り、うっちーさんと同世代くらいです。子どもが小さい頃夫の給料だけで厳しい家計でした。今私は服薬しながらフルタイムで働いてますが、以前厳しい生活を体験したので節約を心掛けてますが、体調がすぐれない時はお惣菜とか買ってしまい、生ぬるい節約です。我が家も猫が二匹います。昔はペットを飼うなんて夢のまた夢でした。猫のごはんとか、トイレとかお金がかかりますが、お金に変えられないです。猫たちがいるから頑張れるところもありますね。

    Reply
    • 体調が悪かったり、働く忙しい主婦のために、スーパーの惣菜が存在しているのだと私は思います。
      私は健康体の専業主婦でありながら、惣菜に頼っていたダメ主婦でした。
      具合がすぐれない時は、仕方がないと割り切りましょう。健康が最優先ですから。
      ペットには不思議な力がありますね。
      お体だいじになさってください。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。