ホーム > 節約レシピ > 大豆・卵・豆腐料理 > 玉ねぎ入りエビチリ、厚揚げのみそ炒め、冷ややっこ490円&化粧水コットンの節約(2011/06/09)

玉ねぎ入りエビチリ、厚揚げのみそ炒め、冷ややっこ490円&化粧水コットンの節約(2011/06/09)

スポンサードリンク
20110609_01

きのうの晩ごはん

玉ねぎ入りエビチリ

厚揚げのみそ炒め

冷ややっこ

全部で490円



 

 

20110609_02

 

エビチリ。エビの量があんまり多くないので

玉ねぎも入れてボリュームを出そうっと。

玉ねぎはゆでてから、エビチリと混ぜる。

ゆでると、また違った食感で、エビとよくあう。

てか、チリたれにからめると、だいたいなんでもそれっぽく おいしくなる。

 

 

20110609_03

きゃべつとピーマンで、厚揚げのみそ炒め。ごはんがすすむ味だ。

ピーマン、キャベツ、厚揚げを、チューブにんにく2センチ、チューブしょうが 2センチを入れて炒めて

みそ 大3、砂糖 大1、酒 大1、しょうゆ 大1 、ゴマ油 大1/2で味付け。

厚揚げって、肉より安いし、存在感があるから、節約の強い味方だね。

お好みで豆板醤を入れて、ピリカラにしても。

 

😛

 

化粧水コットン

節約をはじめてから、化粧水用のコットンを買わなくなった。

 

「コットンを使う枚数で、将来の美しさが決まる」なんていう美容家もいるけど

 

しかたない、なければなくてもなんとかなるのが コットンだし…

 

って、少しあきらめの気持ちでいたけど、

 

パーツモデルの金子エミさんが、手のお手入れの時に

 

「安い化粧水で充分だから、両手のひらで化粧水を体温であたためてから

 

よく手にすりこんであげると、浸透力が高まって、手がしっとりすべすべになるの」

 

って言っていたのを聞いて、

 

それなら、コットンを使わなくても、てのひらの体温であたためてから

 

顔に化粧水をつけてあげたら、きっと効果はあるはず、と思い、

 

以来、金子エミ方式で、てのひらであたためた化粧水を、両手で顔をおおうようにして、

 

しっとりするまで何度も重ねてつけるようにしたら、

 

コットンを使わなくても、高価な化粧水じゃなくても

 

充分しっとりすることを実感できるようになった。

 

肌が 「もう、おなかいっぱいです、ごちそうさまでした」って言うのが

 

わかるようになってきた。

 

節約は、常識をくつがえすことから始まる。

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。