ホーム > 節約術 > 「お得」の裏に潜む罠

「お得」の裏に潜む罠

スポンサードリンク
P1080080

 

きのうの晩ごはん

さんま、いかチリ、生鮭の唐揚げ。

全部で430円。



スーパーのタイムセールで

1パック298円のものがふたつで500円。

あらお得だわ、と深く考えずにカゴに放り込み



帰宅したのはいいけれど

良く見ると賞味期限まであと2日しかない。

結局使い切れないまま賞味期限が切れてゴミ箱行き。

それに似たような経験はないだろうか。

トクしたいと思う心の奥底には欲張る気持ちが潜んでいる。

定価より安く購入したとしても、無駄にしたのでは

お金を捨てているのと同じこと。

適量を購入し、ムダなくきちんと消費することが

本当に得をする買い方。

見た目の「お得」に惑わされてはいけない。

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。