ホーム > 節約術 > 節約と入浴の密接な関係

節約と入浴の密接な関係

スポンサードリンク
P1080105

 

きのうの晩ごはん

野菜炒め、さんまの竜田揚げ、煮物、浅漬け。

全部で500円。



夏場は節約のため、シャワーのみだったけど

こんなに寒くなっては



もうお湯に浸からないとムリ。

最低の湯量に設定し

入浴時はラッコのような体勢をとらないと

肩までお湯に浸かれないけど

とりあえず湯舟に浸かる「冬仕様」にシフトした。

しかし。

うちのお風呂は追い炊きができないのだ。

お湯をはったら間髪をおかず家族が次々と入浴して

お湯を保温する無駄な光熱費を節約したいところ。

けれど夫の帰りが遅いことが多いので

夫の帰宅を待ってお風呂にお湯をはる。

けれど深夜の帰宅となると、待つのにも限界がある。

結果。

私はしばしば風呂に入らずに寝ることとなる。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. 40過ぎて胃腸炎、インフルに続けてかかってから、毎日湯船に浸かるようになりました。身体を温める努力をしてるうちに病気をしなくなり安堵しています。元気でいることが一番の節約ですね。

    Reply
    • 血行を良くすることが体にとても良いといいますもんね^^
      健康でいることがいちばんの節約ですね!

      Reply
  2. ミネストローネのレシピありがとうございました!
    明日1週間分の買い出しに行くので、作ってみようと思います(*^^*)
    ガス代本当かかりますよね。なのでまだガスストーブは出さずにエアコンで過ごしてます☆ギリギリまで出しません(笑)
    お風呂は、うちも追い焚きできないタイプです。
    小さいこどもがいるのでうちは夫が帰りが遅いと夫に湯船は我慢させちゃいます(笑)

    Reply
    • レシピというにはザックリしすぎて、申し訳ありません^^;)
      でもレパートリーが増えるといいなと思います。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。