ホーム > ひとり言 > 夫婦の気持ちのすれ違い

夫婦の気持ちのすれ違い

スポンサードリンク
IMG_0322

きのうの晩ごはん

白身魚のフライ、サラダ、冷奴、長芋、ぬか漬け

全部で780円



つい先日洗濯機を買い替えたばかりだというのに


こんどは取扱説明書や請求書類が入った分厚いファイルを入れていた書棚が

長年の重みに耐えかねて破損してしまった。

また諭吉様を何人も送り出さねばならない。

ため息が出る。

でもムダは極力省いて必要なものにきちんとお金をかけるのが

私の節約ポリシーなので

ここは妥協せずに

落ち着いたリビングの雰囲気に合って、

きっちり収納もできるような納得のいくものを選びたい。

連休は家具屋をまわって品定めをしていた。

節約しているのでお昼ごはんは家で食べるのが基本。

出先でおなかがすいて、つい外食をしてしまわないように

しっかり食べてから出かける。

こんな時、女性は食事の後片付けをしたりお化粧をしたり、洋服を選んだりと

出かけるまでに時間がかかる。

そんな時、男の人は忙しく立ち動く妻を横目に

「まだ支度ができないの?」と手持無沙汰に待っているだけ。

昔ならそんな夫にいらついて

心の中で「お皿のひとつも洗ってくれたらいいのに」と

不満でいっぱいになりながら

それを口に出せずに不機嫌になって、夫をうろたえさせていた。

そんな私も、今ではだいぶおとなになった。

「着替えに時間がかかりそうだから、

その間にお皿を洗ってくれるとうれしいんだけれど…」

うん、わかった、とにっこりふたつ返事でキッチンの洗い物にとりかかる夫。

男の人はこちらのしてほしいことに気がつかないだけ。

悪気はないのだ。

きちんと頼めば快くやってくれることが多い。

自分の気持ちを率直に言葉で伝えることはとても大切。


スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. うっちーさんのご主人は優しいかたですね。
    心の優しいかたと日々を一緒に過ごしたいです。その為には私自身が、優しい温かい人にならなくては。

    Reply
    • せっかくともに暮らしているのですから
      居心地よくいたいですよね。

      Reply
  2. さすがうっちーさん
    今日も感服です

    そうでした
    一番近くて共にいる夫に そうさらりと話すのはごく自然なことですよね

    もし 逆なら 私も夫の役に立ちたいし、、、、

    Reply
  3. ご無沙汰しています。
    たまにコメント残しているおけいです。

    そうなんです。
    こちらがして欲しい事なんて全くわかってもらえない。
    それなのに文句は上から…
    私も少しずつ伝えていける様に頑張ります

    Reply
    • 気持ちを率直に伝えることは
      夫婦だからこそ大切なことだと思うのです。

      Reply
  4. そのお出かけ前の身支度が夫婦のちょっとしたすれ違いになること わたしも何度も経験してきました やってほしいことを言えばいいのですね またひとつうっちーさんのブログで賢くなれました! それにしてもタルタルソースのかかったお魚フライとってもおいしそうですね 久しくタルタルソース作ってないので早速手作りします
    それから おうちのものが壊れ始めると次々連鎖して壊れるのものですよね 家電貯金に加えて家財貯金も必要なんですね  

    Reply
    • 家電貯金も家財貯金も必要だとはわかっていても
      なかなかそっちまで手が回らないのがツライところです。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。