ホーム > ひとり言 > 節約家庭の外食

節約家庭の外食

スポンサードリンク
IMG_0449

きのうの晩ごはん

かじきまぐろのヅケ丼、鶏肉のカレー風味照り焼き、

シジミ汁、ながいも、冷奴、浅漬け

全部で900円

ながいもはいただきもの。


お盆休み中、毎日朝昼晩のごはんを作ってなんとなく疲れた。

特にお昼ごはん。

朝食の洗物を終えて、やれやれとひと息ついていると



もう次のお昼の準備の時間が迫っているという、何とも言えないあの「追われている感じ」

休み中だけど午前中だけ夫が出勤した日のお昼のこと。

家中の羽毛布団のカバーをはがして洗濯し、

羽毛布団をお日様に干して、

ついでに押し入れの中を掃除機で掃除したりなどして

家事に集中しきっていた私は、

正午に夫が帰宅するなり「ああ、おなかがすいた」

のひとことに、お昼ごはんを用意するのを忘れていたことに気がついた。

これから昼食を作るのは時間がかかるから

外に食べに行こうということになり、車ででかけた。

(外に食べに行くなんて1年に数回あるかないか)

どうせならおしゃれなパン屋さんの焼きたてのクロワッサンが食べたいと思ったら

お盆休みで閉まっていた。

近くのファミレスへ向かうと、ここもランチ時で混みまくり。

待つということができない夫は即次の店へ。

けれど、お盆のお昼時ということもあってどこも超満員。

空腹は人をイライラさせる。

いつも穏やかでめったに怒らない夫の口調がいらついている。

イヤな空気が車内に流れる。

ああ、こんなことなら家でお昼ごはんを作っていればよかった。

外で食事をするって

時間と気力と胃袋に余裕がなくてはできないものなんだな。





スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。