ホーム > 節約術 > 今年の目標

今年の目標

スポンサードリンク
P1050788

今週のまとめ買い。5,558円。

夫婦ふたりの生活になったのに、

息子がいた時の3人の食費代から脱却できずにいるので

ここはひとつ初心に帰って、またあらたな気持ちで

ふたり暮らしの食費とメニューを模索していきたいと思って

まとめ買いから見直していくことにした。

P1050790

きのうの晩ごはん

ブイヤベース鍋。

全部で940円。

P1050792

ブイヤベースにはガーリックトーストを添えて。

バゲットで作るのが正当なのだろうけれど

節約しているので、食パンで。

にんにくとバター風味で、充分おいしい。

シメはチーズリゾット。

<ブイヤベース鍋>

材料 えび、いか、あさり、白身魚など

味出しの野菜 玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにく2~3かけ

調味料 トマト水煮缶詰 1缶、白ワイン 100cc、顆粒コンソメ大2~3、サフラン3~4本、オリーブオイル 大1

①あさりは塩水につけて砂出しをしておく。いかは皮をむいて輪切り。白身魚は食べやすく切り、熱湯を回しかけた後、冷水にとり、水気を拭く。(霜降りする)

②玉ねぎ、にんじん、セロリは薄切り。にんにくは包丁の腹でつぶす。

③鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけ、香りが出たら中火にして、

玉ねぎ、にんじん、セロリを加えてしんなりするまで炒める。

④ ③の鍋に白ワインを加えて沸騰させ、アルコール分を飛ばしたら、

つぶしたトマト水煮缶詰と水1カップを加え、塩こしょう少々して弱火で20分くらい煮る。

⑤ ④の鍋の煮込んだ野菜をザルでこしてベースのスープを作る。

⑥ ⑤のベースのスープに、水1カップ、コンソメ、サフランを加えて沸騰させる。

⑦えび、いか、あさり、白身魚を加えて、魚介類に火が通ったらいただく。

※ 本来は魚介類たくさんの鍋ですが、節約しているので、豚肉、白菜、ゆでたジャガイモを入れてボリュームを出し、サフランも使いませんでした。

型にはまらず自分なりにアレンジして、新しい鍋ものを開拓すればよいと思います。



私の今年の目標は

仕事のクオリティを上げる。

夫を支える。

そして貯蓄。



ようやく仕事に慣れたので、今年はより正確な仕事ができるように、勉強する。

夫が異動になって、仕事内容が変わり、忙しくなったので、

食事、健康、メンタル面、全力で支えて行きたい。

貯蓄は、

今までは教育費を払うことで精いっぱいで貯金の余裕が全くなく、節約して出て行くお金を減らすことに手いっぱいだったが、

教育費がなくなったので、貯金を殖やす。

1年で300万円貯める。

そして10年で3千万円貯める。

ずっと浪費生活を続けてきた私には、残された時間はそんなに多くはない。

お金がすべてではないけれど、

なにかあった時に自分を助けてくれるのも、またお金。

夫が血と汗と涙で稼いできてくれたお給料を

お気楽な自分のせいでムダにしてきた償いをしたいという気持ちもある。

人生を豊かにする

家族や友達とのつながりや絆がソフトウエアだとすれば

お金は、住みたい家だったり、趣味などに必要なものを得るためのハードウエアといえる。

こうなりたいという願いを叶える手段のひとつが、節約という選択。

人と人とのあたたかなつながりを大切にしながら、

気持ちよく、潔く、心豊かに節約をしていきたい。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでうちせつをフォロー!

1件のコメント

  1. うっちーさんの言葉はこころの奥底に染みますね。
    家計簿なんかつけたら落ち込むから今までつけたことなかったんです。
    旦那との喧嘩で、家計簿もつけれない
    奴にって言われて頭にきてつけ始めたら、無駄なものが見えてきて、、、笑
    買い物や料理に気持ちがていねいに向くようになり今までなんで雑な考えと
    気持ちだったんだろう?って反省して
    います。
    さらにうちせつにも出会えて。嬉。
    旦那さんに感謝しなくては。

    Reply
    • 現実を直視しないと、どんどん追い込まれていきますね。
      ダイエットで、体重計に乗らずに「まあいいか」と体重が増えていくのに似ています。
      真実と向き合って早めに対処するほうが、事態が悪化することを防げます。
      出来ることから少しずつはじめるつもりでいきましょう。

      Reply
  2. あけましておめでとうございます。
    今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
     
     うっちーさんに触発されて、わたしも、目標を立ててみました。
      1、夫を支えて、家族で仲良く暮らす。
      2、健康に気をつけて、週2回以上、ウォーキングをする。
      3、お金に振り回されない生活を、目指す。

     節約ブログに、この「3」の目標を書くというのはいかがなものかと思いましたが、あえてコメントさせていただくとにしました。お許しください。

     年末に、1年間の生活費や貯蓄額をざっと計算してみました。
     年収900万円程度(税込)の我が家です。
     貯蓄が約140万円、貯蓄型の生命保険と年金の払い込み金額が約35万円でした。
     貯蓄型の保険は、一時払いしたものもあり、全体での増加額は約80万円。
     昨年の年末から、金融資産としては、約220万円増えました。
     昨年は、身内の不幸が続き、娘の高校受験のための塾費用の捻出とで、ずいぶん家計を抑えました。節約の日々でした・・・。

     年末になって、計算してみたら、例年くらいはたまっていました。
     ほっとしました。
     転勤で、賃貸に出した持ち家のマンションもあり、家賃収入で、ローンの支払いが
    終わる見込みです。
     これから、教育費の山を迎えますが、なんとかなるんじゃないかという気持ちを、今年やっと持つことができました。

     何度か書かせていただいている通り、私は支出を抑えて、お金を貯めてきました。
     結婚後の数年間を除けば、経済的になんとかならなかったことはないのですが、いつも、「大丈夫かなぁ」と不安を抱えて暮らしています。

     この不安から、脱却するのが、目標です。
     今年の目標と書きましたが、達成できるとしても、何年もかかると思います。
     達成できないかもしれません。


     うっちーさんも、老後に、お金に振り回されない生活をしたいと思って、今、頑張っていらっしゃるんだと思います。
     無尽蔵にお金がある訳ではないので、何も考えずに暮らすと、すぐに貯蓄が底をつきます。
     どうしたら、上手にお金が使えて、不安を抱えず暮らすことができるのか、その一歩を踏み出せたら良いなと思っています。
     今年も、うっちーさんの軸のぶれない節約の日々を、楽しみにしています。
     私も、ウッチーさんの生活を、励みにしながら、娘が三年後に家を出ていくまで、彼女にも経済観念を育てながら、楽しく慈しんで、暮らしていきたいと思います。
     

    Reply
    • 節約と貯金のお手本にしたいと尊敬しています。
      どんなことがあっても、家族が仲良く、健康で、必要な資金が蓄えてあれば
      心穏やかに暮らせるのだと思います。
      そうなれるように、日々の暮らしを大切に生きていきたいです。

      Reply
  3. うっちーさん、あけましておめでとうございます!
    今年もよろしくお願い致します。

    私の今年の目標は、「人と自分を比べない」です。
    昔から周囲の目が気になり、何事も完璧ではないと気が済まない性格でした。
    人よりも優れていないと、人よりも結果を残さないと、誰からも認めてもらえないような気がして…
    こんな性格と自分の容姿にものすごくコンプレックスがあることが災いして、実はもう長いこと過食症と戦っています。

    でもうっちーさんが私のコメントに「食べたいものに対してそんなふうに付き合える人は、過食で自己嫌悪になることがない人。素敵です」とお返事を下さりました。
    本当は自己嫌悪でいっぱいで、うっちーさんに素敵だなんて言ってもらえる人間ではないのに…と思いながら、本当に嬉しくて涙が出そうでした。

    今年は誰とも比べることをやめて、自分自身と向き合って丁寧に暮らしていきたいと思います。
    うっちーさんの言葉には強く前向きになれるパワーがありますね。
    いつも元気を頂いています。
    本当にありがとうございます!

    Reply
    • 人と比べないことって、実は難しいことですよね。
      でも、自分自身と向き合って丁寧に暮らしていきたいという思いになれたこと、すばらしいです。
      戦うべき相手は「誰か」ではなく「弱い自分」なんです。

      Reply
  4. こんばんは。
    夫を支えるという目標、真似させて頂きます。(笑)
    26年の夫婦生活、本当にいろいろありました。最悪な関係になった事もありましたが最近ようやく長いトンネルから抜け出たように感じます。
    もちろん腹立つこともありますが目をつぶり夫をたてる大切さも、やっと気付きました。うっちーさん、これからも参考にさせて頂きますね。

    Reply
    • 長い人生にはいろいろなことがありますね。
      私も離婚の危機を乗り越えてきたひとりです。
      せっかく縁あって一緒に暮らしているのだから、たのしく仲良く暮らしていけたほうがいいですよね。
      思いやりの心はきっと相手に通じます。
      お二人にとって、実りある素敵な1年になりますように…。

      Reply
  5. うっちーさん、あけましておめでとうございます。変わらず、ずっと見させていただいています。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

    うっちーさん、お子さん達が小学校に上がる前までのお年玉、どうされていましたか?0歳などの時のお年玉なども・・・。親が子どもの為に使っていいのか?子ども名義で貯めていた方がいいのか?うっちーさん宅はどう扱い、どう使用されましたか?

    すみません、年明けからこんな質問・・・。あと、毎日の副菜も週の始めに献立として考えてから、まとめ買いをされますか?

    もしよろしければ、これから毎週のまとめ買いを見たいです。

    そして・・・1年で300万円も貯金できるほどの収入があられるのですね・・・。すごいです。10年で3000万円なんて・・・。だって、今までもたゆまぬ努力で、何千万円も貯金されていらっしゃるのですよね、きっと・・・。

    自分たちの老後に向けて、そんな貯金ができるとは思えないので(今でもほとんどないので・・・)、不安です。60歳くらいで、いくらくらいあればいいのでしょうか?もちろんライフスタイルなどにより異なると思いますが、参考までに教えていただけたら嬉しいです。

    年明け早々いくつか質問してしまい、すみません。

    Reply
    • 子供のお年玉は、全部貯金していました。
      たとえ親でも、「子どものものは子供のもの」だと思うからです。
      就職してしばらく実家暮らしをしていた時、
      食費として毎月1万円を家に入れていました。
      母はそのお金を全て貯金してくれていて
      結婚が決まった時、
      「なにかあったら、これを使いなさい。」と渡してくれました。
      お金だけが全てではないと思います。
      けれど、お金に込められた思いというものも、確かにあるのだと感じます。
      叶えたい夢やなりたい職種につくために、お金が必要になる場面が人生には必ず訪れるからです。
      子供のために備えることも、親の愛だと、私は両親から学びました。

      献立の副菜は、ざっくりですが決めて買います。
      といっても、「おひたし」とか「ごまあえ」など簡単なものですが。
      家族の予定によってメニューの変更もよくあることなので、
      ゆるーく献立を考えるくらいから始めてみては。意気込みすぎないことです。

      貯金のことですが、
      私は散財体質なので貯金がニガテです。
      子供の教育費に蓄えのほとんどを放出してしまったので、
      イチから始める気持ちでいます。
      アラフィフなので、この10年が貯めるための最後のチャンスなので、真剣です。
      自分の浪費グセを後悔していますが、本気になった時が生まれ変われるチャンスだと信じて、節約貯金に励もうと思います。
      人それぞれ置かれた状況も、ライフスタイルも違うと思うので、
      老後にいくらくらい必要なのかは、夫婦で話し合ううちに、見えてくるのかもしれません。

      Reply
  6. そうですよね。夫が血と汗と涙を流して稼いできてくれたお金。私も大切に使います。うっちーさんのブログ、ホントにいつも勉強になります(^ ^)

    Reply
    • 浪費体質なので、夫に申し訳ないと、心から思っています。
      少しでも挽回できたらと、思っています。

      Reply
  7. ウッチーさんかっこいいですね
    わたしもスイッチ入りました。
    頑張ります(^.^)

    Reply
    • 無理せず、出来ることからやりましょう。
      千里の道も一歩から。

      Reply

コメントしてみる
※承認制のため反映に時間がかかります。
※絵文字、リンク、誹謗中傷は自動でスパム認識される場合があります。
※ただの個人ブログだということをお分かり頂いたうえでコメントください。
※返信が無い場合でも気になさらないでください。