ホーム > 節約レシピ > 魚料理

愛され妻&生鮭のみそのせ焼きの作り方

P1050837

きのうの晩ごはん

生鮭のみそのせ焼き、豆腐の野菜あんかけ、浅漬け、大根のみそ汁。

全部で630円。

生鮭のみそのせ焼きは、

①生鮭に塩少々を振り10分おいて、水けをふく。

②水けをふいた生鮭をグリルで両面を焼く。

③白みそ大4、みりん大1、卵黄1コ分を混ぜ合わせたものを鮭に塗り、

軽く焦げ目がついたら出来上がり。

みそが焦げやすいので注意して。

上品な味なので、和風のお弁当に入れても見栄えがする。



アスカさんからこんな質問をいただきました。

「私はもともと料理があまり好きではないことと、夫と味つけの好みが違うため、

夫は、私の作る料理をあまり喜んでくれたことがありません。

昨日も料理で失敗してしまい

”料理がニガテならフルタイムで働いて、全て外食にすればいい”

と言われてしまいました。

夫が食べたいものを作ることが家庭円満の秘訣という、うっちーさんの言葉が

心に響きました。

前向きな気持ちで料理を作るには、どうすればよいでしょうか。」



主婦である以上、料理は一生ついてまわる仕事ですね。

私の母は、料理が得意な方ではなく

続きを読む

スポンサードリンク

12