ホーム > 節約レシピ > 煮物・蒸しもの

冬の時間の使い方&鶏だんごのレシピ

P1070118

 

きのうの晩ごはん

おでん。全部で450円。

まとめ買いの日にキャベツをまるごと1こ買ったので、

今週はキャベツを使い切るメニュー。

日曜日はキャベツのパスタとコールスロー、

月曜日はキャベツのごまあえとみそ汁。

和風ロールキャベツが好きなので、きのうはおでんに入れた。

鶏ひき肉で作ったロールキャベツは、やわらかくてやさしい味。

鶏ひき肉の肉だねを多めにこねて、つくねに焼いたり

鶏だんごにまるめて鍋や汁物にしたりと使いまわしができて便利。



冬は穴を掘って冬眠する。

寒いから、できるだけ外出したくない。

節約しているのでヘタに出かけて出費をしてもいけないので

続きを読む

チャーハン、しゅうまい、切り昆布の煮物、大根のみそ汁、760円

P1060151

きのうの晩ごはん

チャーハン、しゅうまい、切り昆布の煮物、大根のみそ汁。

全部で760円。

私は晩ごはんに炭水化物を食べないので、チャーハンは夫の分だけ。

<しゅうまい>

豚ひき肉400g、バナメイエビ 5尾、玉ねぎ 大1/4こ

しゅうまいの皮20枚

★(砂糖 小1/3、塩 小1/3、こしょう少々、すり生姜小1、酒大1)

①エビは包丁でたたいて細かくする。

玉ねぎはみじん切り。

②ボウルにひき肉、たたいたえび、みじん切りの玉ねぎ、★の調味料を加えてよく練る。

③練った肉ダネをしゅうまいの皮で包む。

④蒸し器にオーブンペーパーを敷き、③を並べ強火で3分、弱火で10分蒸す。

火を止めて余熱で5分火を通す。

叩いたエビをくわえると格段においしくなるので、できればえびを加えて。

自分で作った蒸したてのしゅうまいは格別。手作りっておいしいなって思う。



やっと風邪が治った。

熱は出なかったけれど、身体がだるくて思うように動けず

仕方がないので布団にもぐりこんでいた日曜の午後。

夕暮れ時になり、夫が寝室に様子を見に来て、

続きを読む

バブル世代のプチプラコスメ&切り昆布の煮物レシピ

P1060147

きのうの晩ごはん

たらのつみれ鍋。全部で650円。

P1060149

夫のお弁当。鮭、肉団子、切り昆布の煮物。

鮭は焼いて1尾ずつラップに包んで冷凍しておいたもの。

肉団子も、ハンバーグを作ったついでに丸く焼いて3~4個ずつ小分けにして

冷凍しておいたもの。

朝にレンジでチンするだけでおかずができる。

P1060146

お弁当にもう1品入れた切り昆布の煮物は、作り置きのおかず。

<切り昆布の煮物>

①ごま油でにんじんを炒め、切り昆布も加えて炒め、油揚げを加えて

ひたひたの水とほんだし少々、酒大1、みりん大1、を加えて

にんじんが8割ほど柔らかくなるまで煮る。

②にんじんが少しやわらかめになったら、めんつゆを入れて煮る。

③薄味に仕上げて、冷まして味を含ませる。

煮物は冷めて行く過程で味が染みるので、薄味に煮て、冷まして味を染み込ませ

少し時間をおいて味見をして、味が薄すぎると思ったら、再度加熱して

麺つゆを少々足して、好みの味に仕上げて作ると、おいしい煮物になります。

私が愛用する麺つゆは「ヤマサの昆布つゆ」煮物に便利。

ひじきの煮物も、切り干し大根の煮物も、この作り方。



バブル世代を過ごしてきた私は

OL時代は高級化粧品を使っていた。

仕事の帰りにデパートの化粧品売り場に立ち寄っては

顔なじみのカウンターのおねえさんに勧められるままに

高額な品をいくつも購入していた。

スーパーの片隅に陳列してあるようなプチプラコスメは

続きを読む

スポンサードリンク

12