1月食費集計

Amebaで記事を書く にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ 人気ブログランキング

夫が晩ごはんがいらない日。

私のひとりごはんは、前日の粕汁ですませたので画像は省くことにする。

1月の食費を集計した。

<1月の食費>

副食費 26,575円

調味料費 3,116円

嗜好品費 3,685円

米代      0円

その他主食費1,391円

合計  34,767円

1週間の予算7,000円×5週=35,000円の予算。

(7,000円の内訳は、

副食費に5,000円、調味料費に1,000円、嗜好品に1,000円。)

米の消費が減り、米を買わなくても賄えた。

最近、子供が独立して夫婦ふたりの生活になったということもあるけれど、

ほんの数年前まで食費が8万円から10万円もかかっていたなんて

とても想像できないくらいタイトな金額になった。

もう少し減らしていきたいところだけれど

何事も無理は禁物なので、ゆるく、徐々に、身体を節約系に慣らしていくことが切。

ところで今年から家計簿のつけ方を変えた。

1か月を33日で暮らすことにしたのだ。

ひと月たった二日だけ増やして生活するだけで

約1か月分の生活費がまるまる貯金できるという仕組み。

(分りづらいと思うけど、考え方として

12月の日数を、1月~11月に2日づつ分配して、ひと月を33日として生活する。

そうすると1か月33日、11か月で363日。残り2日。

12月分の生活費がまるまる節約できる、ということ。)

テレビでこの方法を見て、新発想に驚いたが、

師走の頃には、自動的に10万円くらい節約できているとしたら

やらないテはないと思ったのだ。

この方法で生み出した10万円を、旅行費にあててどこに行こうか、

そう考えただけでワクワクする。

「ワクワク」する節約は、きっと効果も大きい。

スポンサードリンク

フォロー宜しくお願いします。

おすすめグッズ

previous arrow
next arrow
Slider

関連記事

1月食費集計” に 11 件のコメント

  1. さんなんちゃん、かわいい♡

    頭に乗せても、動じないですね?!笑

    1. うちの子、かわいいでしょ?ペットって、癒されますね。

    1. うちの子、かわゆいでしょ?
      カサカサとパンの袋の音が聞こえると、小走りにやってきて、おねだりします。

  2. スポンサードリンク
  3. うっちーさんこんにちは(*^^*)
    さんなんちゃん久しぶりですね♪
    二回目のコメントになります!!
    今回の節約術にはとても驚きました!!
    さっそく、わたしもやってみたいと思います♪
    最近はようやくまとめ買いにも慣れてきました。絶対無理だと思っていましたが、続けていくとできるようになるものですね。
    諦めない事が大事だと気づきました(*^O^*)
    これからもうっちーさんの節約を参考に頑張っていきます♪

    1. まとめ買いができるようになったのですね。
      この方法が、合う人とそうでない人がいると思います。
      自分に合った買い方を見つけることができて、よかったです。
      少しずつでも節約につながればいいな、と思います。

  4. こんにちは。
    二度目のコメントです꒰◍”౪`◍꒱۶*.+`

    一ヶ月を33日!なるほどー。
    ゲーム感覚で節約できて楽しそうです!

    しかし我が家は予算マイナス気味なのでダメかな…泣

    大人二人に2歳の双子、0歳なんですが、お酒も調味料も、おやつ代も米代も含め45000円位です(>_<)

    本当は4万以内におさめたいのですが。なかなかうまく行きませんー!

    夫婦二人の時は3万円でおさまっていたのに…これからもっと食べるようになると恐ろしいです(^^;;

    1. 子供たちのおやつ代って、けっこうかかるものですよね。
      とはいえ、育ち盛りの子供のいる家庭は、むやみに食費を削るのは賢明ではないと思います。
      別の分野で節約できるところを探してみては?
      節約する目的を明確にしましょう。

  5. スポンサードリンク
  6. うっちーさんいつも楽しく、ためになるブログ参考にさせていただいてます。
    1ヶ月を33日とはすごいアイディアですね。私は家計簿初心者なので、とりあえず今年は1年間、簡単でもいいので家計簿つける! が目標です。
    4月から高校生が二人。高校無償化も終わりそうだし、大学進学(理系志望)の費用も貯めたいし…
    うっちーさんのブログを参考に、小ぎれいな奥さんを目指しつつ、子供達が希望する進路に進めるよう、節約に励みます(^ ^)

    1. これから教育費の最大のヤマ場ですね。
      家計簿を1か月つけたら、必ず集計してみましょう。
      なにに、いくら使ったのか。
      よかったところ、反省すべきところ。
      それらを分析して翌月に生かす努力をすると、黒字になっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る