3月の食費

Amebaで記事を書く にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ 人気ブログランキング

きのうの晩ごはん

ロコモコ、豚汁、ほうれん草のおひたし。

全部で330円。

豚汁は前日の残り、ほうれん草はいただきもの。

3月の食費を集計した。

今年から貯金を増やす目的で、1か月を33日として生活することにした。

12月の31日を、1月~11月に2日ずつ分配して生活すると

33日×11か月で363日。

1か月をたった2日増やすだけでほぼ1か月分の生活費が節約できる計算。

1月は1月1日~2月2日まで(33日)

2月は2月3日~3月7日まで(33日)

3月は3月8日~4月9日まで(33日)

3月の食費は

副食費  26127円

調味料費 1920円

嗜好品費 6016円

その他主食1030円

外食費   960円

米代    2980円

合計   39033円

外食費960円は焼き鳥のテイクアウト分。

夫の仕事の内容が変わってから、週に1度程度の頻度で

晩ごはんがいらない日が出てきた。

たいてい、急に「明日は晩めし、いらないから。」と言われることが多い。

きちんと1週間分の献立を立ててまとめ買いをするのだけれど、

これからは、晩ごはんがいらない日が出てくることを想定して

メニューを考えるようにしたほうが、もっと食費を減らせるのかもしれない。

家族構成、家族の年齢、ライフスタイル、嗜好によって

食事の内容や、食費も違ってくる。

夫婦ふたりの生活になって4か月。

ふたり暮らしには慣れてきたところだけれど

ふたり暮らしの食費については、まだまだ手探りの状態。

初めて子供を産んだ時、なにもかもが手探り状態だった。

子育ても、思春期の嵐も、わからなことだらけで無我夢中だった。

始まったばかりの、年を重ねてからの夫婦ふたりきりの暮らしも、

初めて足を踏み入れる未知の領域。

生きて行く限り、いつも手探りから始まる。

そうやって、人は学んでいくものなのかもしれない。

 

 

スポンサードリンク

フォロー宜しくお願いします。

おすすめグッズ

previous arrow
next arrow
Slider

関連記事

3月の食費” に 4 件のコメント

  1. 子育て終わりやれやれ旅行行ったりしようと考えた矢先、
    親の介護が待っていた・・・

    1. 人生はなにが起きるかわかりませんね。
      なにがあるかわからないのが人生かもしれません…。

  2. うっちーさん、おはようございます(^^)

    うっちーさんのご飯、美味しそうで毎日食べたくなります・・・ホントに・・・。

    子どもたちの教育資金、学資保険だけではダメなのですね・・・。どうしたらいいのか・・・。

    それに上乗せして、教育資金貯金をしなければならないのですね。捻出しなければ・・・なのですね。

    それと、1ヵ月33日方式ですが、ご主人のお給料が出ても、それを月初めから使うのではなく、うっちーさん方式の月初めが来るまでは取り置いておく、というやり方ですか?

    私も1ヵ月33日方式を取り入れて、12月分の生活費を貯金したいなと思ったのですが、インターネットで購入した分のクレジットによる毎月の一括支払い分をどうやればいいのかが、混乱してしまい(^^;)

    今月購入分は、だいたい翌月末に引き落としされているようなので、毎月末にお給料がいただけたら、そこからクレジット払いに指定している口座に入れ、引き落とし・・・としています。

    12月分の生活費を貯金できたら・・・嬉しくなりますよね(^-^)

    1. 1か月を33日で生活するので、お給料が出ても、33日が過ぎるまでは、使わずに取り置きしておきます。
      33日で生活する生活費とは、引き落としになる分や、毎月支払う固定費、積み立て、貯金などを差し引いた純粋な「やりくり生活費」と考えるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る