節約シャワー

Amebaで記事を書く にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ 人気ブログランキング

きのうの晩ごはん

ちくわと玉ねぎのかき揚げ、いか天ぷら、きしめん、冷ややっこ、枝豆。

全部で340円。

きしめんはいただきもの。

あーさんから質問をいただきました。

「朝ウォーキングをしたいと思うのですが、

ウォーキングしたあとシャワーを浴びると

水道代がかかってしまうので、躊躇してしまいます。

うっちーさんは朝ウォーキングしたあと、シャワーしていますか?」

夏は汗をかきやすいし、

運動したあとはシャワーを浴びたいですよね。

でも節約していると水道代も気になります。

私は夜までびっしりバイトがある日は、朝のウォーキングのあと

シャワーを浴びますが、

午前中だけのバイトの時は、水道代節約のためシャワーを使いません。

でも、すごく汗をかいて気持ちが悪い時は

「節約シャワー」を浴びます。

シャワーでいちばんお湯を消費するのがシャンプー。

シャンプー剤を使わず、ざっとお湯で流すだけならそんなに水も使わずにすみます。

まず、洗面器にお湯をため、その中で頭皮をよーくお湯だけで洗います。

美容室の先生が「頭皮の汚れの80%はお湯でよくすすぐと落ちるんですよ」と

言っていた言葉をヒントにしたもの。

洗面器にためたお湯で頭皮をよく洗って、頭にかいた汗を流します。

これを2~3回繰り返します。

そのままだと髪がキシキシしてまとまりが悪いので

あずき粒大のコンディショナーを掌にとり、髪全体になじませ

洗面器にためたお湯ですすぎます。

これで髪がしっとりします。洗髪はこれで終了。

次は洗顔。

洗顔フォームをネットで泡立てたら、顔だけでなく

体全体に塗りつけてしまいます。これでボディソープの節約にもなり一石二鳥。

シャワーを使って顔の泡を流すついでに、

身体全体もざっと洗い流して、節約シャワーは終了。

洗面器4杯分のお湯と、洗顔フォームを洗い流す分のシャワーで済んでしまうので

水道代の節約をしていても罪悪感なくシャワーを浴びることができます。

ただし、これはあくまでも

その日の夜には、きちんとシャワーを浴びることを前提にしたもの。

節約していても、清潔でいることは大切です。

気持ちよく毎日を暮らしながら、ちょっとだけ節約を意識している自分を

好きになれますように。

 

 

 

 

スポンサードリンク

フォロー宜しくお願いします。

おすすめグッズ

previous arrow
next arrow
Slider

関連記事

節約シャワー” に 6 件のコメント

  1. うっちーさん、シャワーの節約のお話し、とっても参考になりました。洗面器のすすぎ洗い、試したらとっても良かったです。気持ち良くて髪にも良い感じです。うっちーさんは目的が明確で取り組みに強さがあり本当に素敵です!清潔で
    ほのかに良い香りがすると幸せになりますよね(^-^)

    1. 全ては節約のための苦肉の策なんです^^;)

  2. こんにちは!きしめんと冷ややっこの盛り付け、いいですね。
    これだとお豆腐から水気がでても気にならないですね(^^)
    お皿に敷いてある巻きすのようなものは専用のものですか?何かの再利用かな?

    最近、初めて市販のエアコン洗浄スプレーを使ってみようかと考えているん
    ですが、効果の程ってどうなんでしょうか…今までは業者さんに頼んでいたんですが、キャンペーン時でも1台10000円はします。
    うっちーさんは、エアコンの掃除をどうされていますか?

    1. おそば屋さんでざるそばを頼むと、四角い枠にまきすのような竹製品のうえにざるそばがのってでてきますよね。
      ざるそば用の器を所有していたのですが、収納場所に困った末、四角い枠を処分して
      竹製のまきすのようなものだけを残して麺類用に使っています。
      エアコン、うちは拭き掃除とフィルターの水洗いくらいで済ませています。

  3. スポンサードリンク
  4. うっちーさん、こんにちは!節約シャワー、とても参考になりました。私もやってみようと思います。でも節約ってホント、家族の理解と協力が必要ですよね…節約してるよって言ってるのにシャワーざあざあ、トイレの電気は消し忘れ多々、トイレットペーパーがらがら〜!ってされると、私はイライラ〜!なかなかうまくいきません。

    1. 自分には節約する理由があるから頑張りますが、家族に節約する動機がなければ真剣に節約する必要がないので
      シャワーも電気もペーパーも、使い放題になるのも仕方のないことかもしれません。
      母が必死に倹約しているのに、若い頃の私も節約に積極的ではなかったですから。
      節約すると家族にも利益が還元される仕組みがあれば、協力的になるのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る