おもてなし料理

Amebaで記事を書く にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ 人気ブログランキング

きのうの晩ごはん

カルボナーラ。

全部で260円。

休日出勤のため出社した夫。

「きょうの晩ごはんはカルボナーラだっていうから

いちもくさんに帰ってきたんだ」

男の人って単純だ。

「職場の部下夫婦を食事に招く約束をしたから

そのつもりでいてね」と夫。

手料理で夫の仕事関係のお客様をもてなすのは

妻の力量が問われる重要な場面。

プレッシャーがかかる。

料理が好きなわけでも、得意なわけでもない。

ましてやおもてなし料理となると、何を作ればよいのか途方にくれる。

そんな私だったので

以前は夫が家にお客様を招くことを拒否していた。

けれど、息子が学校に通っていたころ

息子の弁当がおいしいと友達の間で評判になり

「ごはんを食べに行きたい」という声が高まり

うちでささやかなごはん会を何度か開いたことがある。

その時、私は

「息子が元気に学校に通っているのは周りの皆様のおかげ。

友達がご飯を食べに来たいというなら

こんなありがたいことはない。」という

感謝の気持ちでごはんの準備をしたものだった。

あの時、私が学んだのは

無理をしなくても、虚勢を張らなくても

そのままの私で、いつも作っているものをお出しすれば

いらした方は喜んでくれるんだ、ということだった。

夫が元気に毎日仕事ができるのも

職場のみなさまのおかげ。

「いつも夫を支えてくださって、ほんとうにありがとうございます」

そんな感謝の気持ちで、お客様をお迎えしよう。

イヤイヤやるのではなく、たのしまなくては。

 

 

スポンサードリンク

フォロー宜しくお願いします。

おすすめグッズ

previous arrow
next arrow
Slider

関連記事

カテゴリー:

おもてなし料理” に 4 件のコメント

  1. こんばんは!うっちーさん(^-^)
    美味しそうなカルボナーラですね!
    うっちーさんのご飯を楽しみにしているご主人の気持ちわかります*\(^o^)/*
    不得意な事も褒められたり待っていてくれる家族がいれば続けられるように思います。節約も!
    誰か褒めて〜と叫んでます(笑)

    1. 褒められたいならば、まず自分から相手を褒めましょう^^
      横着ものの私ですが、家族がいるから頑張れています。

  2. 私のところは毎年県外にいる主人の妹や姉が家族連れで2回ぐらい帰って来ます。(主人は長男なので私のところが実家となります)その時は精一杯、地元の物や、値段が高くても美味しいもの、姉、妹が子供のころ食べていただろうと思うものを作って、お酒もどーんと用意しておもてなしします。お帰り!待ってたよ!という気持ちを込めて!!!ボデイーソープの件はびっくりしました。節約というのはそこまでしなくてはいけないのか!と考えましたが、私は無理かな?他のところで節約します。洗濯は毎日最低2回してますが(息子夫婦と孫の物もしている為)水道代が2か月で1万5千円ぐらいかかる為すすぎ1回のボールドに変えようかなと考えてます。今は130円ぐらいの洗剤を使って2回すすぎをしているんですが・・・・・

    1. 「おかえり!待ってたよ!」って出迎えてもらったら、うれしいでしょうねー^^
      おもてなしは「心」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る