ごはんを作りたくない時

Amebaで記事を書く にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ 人気ブログランキング

 

きのうの晩ごはん

串かつ、ナムル、豚汁、ねぎごぼうチャーシュー。

全部で300円。

ケチャップにウスターソース、白すりごまを混ぜて

ビジュアル的に目先を変えたソースをかけた。

「うっちーさんは、

ごはんを作りたくないと思ったことはないのですか?」

そんな質問をよくいただく。

私もいちおう生身の人間なので

もちろんごはんを作るのが億劫だと思うことがたくさんある。

でも、そんな時は

夫のことに置き換えて考えるようにしている。

もし夫が

「きょうは仕事に行きたくないから、休む」と

しばしばズル休みをするとしたら

妻の私はどう思うだろう。

「家族がいるのに、仕事に行きたくないだなんて。

生活があるのよ。

無責任だと思われて解雇されたらどうするつもりなの?」

そんなふうに夫を責めまくるだろう。

夫はどんなにつらい時でも、疲れていても

決して弱音を吐かないし、這ってでも仕事に行く。

そんな夫を心から尊敬している。

私も夫のように自分の本分をまっとうできる人間になりたい。

節約せざるをえなくなって

自分の今までの浪費を振り返った時

骨身を削って家族のために働いてくれる夫に

申し訳なくて仕方がないと思うようになった。

ごはんを作るのは私の仕事。

どうせやらなくてはいけないことなら

どうすれば苦痛に思わずにできるかを考えよう。

そんなふうに思考を転換し

ごはんを作るのが面倒だと思わないために、

おかずの素を作り置いたり、下準備をしたり、

手早く作れるメニューを開拓したりした。

「逃げ」の気持ちを捨てたら

いろんなアイデアが生まれるようになった。

 

スポンサードリンク

フォロー宜しくお願いします。

おすすめグッズ

previous arrow
next arrow
Slider

関連記事

ごはんを作りたくない時” に 15 件のコメント

  1. 確かにそうですね、なかなか考えさせられました。
    ところで、よかったらナムルの味付けを教えて下さい。これからの季節、ほうれん草をたくさんいただくので、ムダにしないためにも、ぜひお願いします。既にどこかに書かれていたらすみません。

    1. ほうれん草をゆでて、しょうゆ少々、砂糖少し、白すりごま、すりにんにく、ごま油少々で味つけします。
      ナムルを作ってビビンバにしたらおいしいですよね。

  2. 偶然にうっちーさんのBlogを見つけ、
    それから毎日ページをみるのが日課になっています。
    浪費家…耳がいたく、抜けださなくては!と思いながら未だできていません。

    今日の書き込みを読んで又泣きました。
    骨身を削って。本当にそうですね。
    毎朝早くから夜遅くまで仕事をし、愚痴をこぼしたこともないのに、御飯作りを苦にしていてはダメですね。
    口では感謝してるよって言っていても行動がともなわないと。
    定年まで後五年。うっちーさんを見習います。

    1. 頑張っているご主人をねぎらってあげてくださいね。
      ごはんを手作りすることで
      健康管理にもなりますし、
      ごはんがおいしければ外食しなくなって節約にもつながりますし
      おいしいご飯は男の人の心をつかんで浮気防止にも一役買ってくれます。
      定年までのカウントダウン。
      浪費しているヒマはありませんよー^^

  3. スポンサードリンク
  4. うっちーさんこんにちは。
    私はご飯作りたくない日ばかりです。
    外食大好き!!でした。
    でも仕事を解雇になり専業主婦になり
    思うように買い物ができなくなりイライラ、、趣味もなく買い物が趣味?のような私だったから毎日あまり楽しくありません。つまらない人間だなと思ってまたイライラの繰り返し。
    がんばって働いてくれている主人に悪いですよね。
    見習いますね。努力するしかないですよね。

    1. 私も無趣味な女なので、自分をなんてつまらない人間だろうと思うことがよくあります。
      生活の中に、なにかたのしみがみつかるといいですよね。
      私は週末のビールが生きるたのしみです^^;)

  5. そう考え方を変えることで 自分がやらなきゃって気持ちになる事が最近になってわかるようになりました。私も料理は嫌いではないけど得意でないので どうやったら楽にできるかばかり考えてます。
    うっちーさんのをかなり参考にさせていだいていて、気持ちが凹むとまたうっちーさんのブログで気持ち引き締めさせてもらってます。ありがたいです

    1. 料理が嫌いではないなんて、素敵です。
      料理の「伸びしろ」がたくさんある人なのだとおもいます^^

  6. スポンサードリンク
  7. 「夫のことに置き換えて考えてみる、本分をまっとうする」全く同感です! 想像力、大事ですね。
    外で頑張って帰ってきた夫や子供達が喜んでくれたらと、私も少しずつおかずのレパートリーを増やしたり、片付けをしたり、主婦業を頑張っているつもりです。でもたまにやさぐれ気味な時は、うっちーさんのブログで喝を入れてます(^_^) 串カツおいしそ♡

    1. 主婦をいくら頑張っても誰も褒めてくれないので
      周期的にやさぐれます^^;)
      頑張りすぎると疲れるのでゆるーく長ーく続けて行けたらいいですね。

  8. 途中でまちがってしまいました。
    失礼しました。
    楽な気持ちになれるように努力しますね!
    節約もご飯作りもずっと続きますもんね!

  9. スポンサードリンク
  10. ブログでいつもやる気をもらいます。
    ありがとうございます。
    本当にその通りですね!
    私は共働きで疲れて帰って、私だけご飯作らないといけないの?
    朝もゆっくり起きてくる主人に私も働いてるんだからとイライラしてました。
    感謝がないなあ〜と反省です。
    嫌でもやらないといけないなら、少しでも楽な気持ちになれるようにどり

    1. 共働き夫婦の場合、どうして女だけがご飯を作らなければいけないの?と思ってしまいますね。
      「得意分野は担当する」というスタンスで
      家事を分担するのが理想です^^

  11. 相手の立場にたって考えること、大切にしたいと思います。
    お金がなくてしんどいなと思うこともありますが、うっちーさんのブログ励みに節約を楽しみながら続けていきます♪

    1. 男の人って我慢強いなーと思います。
      仕事でいろんなイヤなことだってあるでしょうに。
      それに比べたらごはん支度は自分の段取り次第で
      ラクにできる要素はいくらでもあると思うのです。
      自分の仕事をきっちりできるようになりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る