帰省と姑

Amebaで記事を書く にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ 人気ブログランキング

 

きのうの晩ごはん

焼きそば。ぜんぶで800円。

県外のご主人の実家に泊まりがけで帰省するという友人は

何週間も前からゆううつそうにしている。

「うっちーさんは帰省しないの?うらやましいわ」

夫の実家は遠方なので頻繁に帰省することはないけれど

たまに帰省する時は、やっぱり緊張する。

どんなにやさしいお姑さんでも

気をつかうし、自分の家ではないので心からリラックスできないから。

でもこれも嫁の努めだと覚悟して

精いっぱい頑張る。

私の場合は帰省の時よりも

逆に夫の両親がこちらに泊まりがけで遊びに来てくれることが多かったので

その時は、

「ああ、たのしかった。また遊びに来たいな」と思ってもらえるように

精いっぱいもてなすことにひたすら徹する。

そのあと、疲れ果てて寝込むのだけど。

でも、イヤイヤやるのではなく

思いやりをもってできる限りの努力をすれば

やり遂げたというすがすがしい気持ちが残るし

相手にも悪い印象を与えずにすむ気がする。

どうせやらなければならないことなら

誠意をもってやりきりたい。

そうすれば、きっと自分にも良いものが返ってくる気がするから。

 

 

 

スポンサードリンク

フォロー宜しくお願いします。

おすすめグッズ

previous arrow
next arrow
Slider

関連記事

帰省と姑” に 6 件のコメント

  1. あけましておめでとうございます。わが家の姑は結構きついです。帰省すると3度の食事の支度は私がやります。義妹の嫌いなものを知らずに出すと、嫌がらせか?と怒鳴られます。疲れて先に寝てしまうと怒られます。夫と同郷なのですが、私の実家には一泊しか許されず、偶々2泊することになってしまって戻ったら、お前は嫁なのに何してんだ!そんなに実家が良ければ出ていけとお金を投げつけられました。一昨年から帰省するのはやめました。姑との付き合いは難しいです。義妹と二人で責めてくるので苦痛でしかありません。

    1. おつらかったですね…。
      帰省して三度の食事を作っても、ねぎらいの言葉もないばかりか
      いたらない点をせめられるとは。
      誠意を悪意で返されるなら
      帰省をやめても責められるどおりはないと思います。
      まめママさんは充分誠意を尽くしました。
      立派でした。
      これからは自分の家族に精いっぱいの愛情を注ぎましょう。
      愛を愛で返してくれる家族を育ててゆきましょう。

  2. うっちーさん、こんばんは。
    私は明日、主人の実家に挨拶に行きます。何度行っても緊張します。
    来年も節約を頑張りたいと思います。
    ブログ、楽しみにしています。
    良いお年を。

    1. ご主人のご実家にあいさつに行かれるのですね。
      緊張しますよね。
      私は結婚した頃、主人の実家にいくのが怖かったです^^;)
      なんなんでしょうね、あの恐ろしいと思う気持ち。
      でも笑顔でいれば大丈夫。
      2015年もどうぞよろしくお願いします^^

  3. スポンサードリンク
  4. うっちーさん、こんにちは。
    主人の実家は、自宅から近いのですが面倒くさいと主人がなかなか帰りたがらず大変です。いつもわたしがいつ行くの?と聞いても返事は曖昧です。
    あんまりしつこく、いつ行くのと聞いても嫌かなと思い黙ってたら結局その年は新年の挨拶行かずじまいなんてこともありました。主人は(私もそうでしたが)お正月、お盆、土日祝日関係ない仕事なので、主人の両親も仕事が忙しいんだろうと思ってくれていますが…

    今年も終わりますね。初めて専業主婦をして迷ってる時に、うっちーさんに出会い今年1年乗り越えられたと思います。本当にお世話になりました。
    また、来年もよろしくお願いします。

    良い年をお迎えください。

    1. 男の人って実家がらみのことを面倒くさいと思う人が多い気がします。
      妻が電話をかけてさり気なくあいさつをしたりしておくことも
      よいかもしれませんよね。
      2015年もどうぞよろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る