おいしくなるのを待つ時間

Amebaで記事を書く にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ 人気ブログランキング

P1070799

きのうの晩ごはん

ひき肉とじゃがいものトマトソースチーズ焼き、トースト。

全部で300円。

お中元に水なすのぬか漬けをいただいた。

食べ終わって容器に残ったぬかを捨てるのがもったいなくて

試しにきゅうりを1本漬けてみたら

とってもおいしいぬか漬けができた。

ぬか漬け、大好き。

昔はチャック袋のぬか床を買って来て

自分で漬けたこともあったけど

毎日ぬか床をかきまぜるそのひと手間が面倒で

だめにしては捨ててしまうことを繰り返していた。

横着者の私にはぬか漬けなんてむりなんだと

自分で作るのをあきらめていたけど

せっかくおいしいぬか床が手に入ったのだから

もう一度挑戦してみようと思って

容器の底に残ったぬかを元手に

新しく買ったぬかを加えて混ぜ、世話を始めた。

P1070801

ぬか漬けは、漬ける時間や気温によってできあがりの味が変わる。

漬けていくうちに

食べごろは、ぬかに漬かった野菜の顔色を見れば

だいたいわかるようになった。

まだ食べごろではないみたい、と思った時は

「もう少し、眠っていてね」と声をかけて

ぬかの布団をかけてもうしばらく休ませてあげる。

あれほどぬかの世話が億劫だった私だったのに

今では、おいしいぬか漬けを食べたい一心で

ぬか床をかき混ぜるのも面倒だと思わなくなった。

子どもたちが巣立ち、夫婦二人の暮らしの今だから

ぬか床のお世話をする余裕ができたのかもしれない。

おいしくなるのを待つ時間は

ゆっくりおだやかに流れていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

フォロー宜しくお願いします。

おすすめグッズ

previous arrow
next arrow
Slider

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る