二度目のお年頃

Amebaで記事を書く にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ 人気ブログランキング

きのうの晩ごはん

豚肉の筑前煮、さんまの竜田揚げ、みそ汁。

全部で800円。

夫は鶏肉をあまり好まないので筑前煮は豚肉を使用。

仕事仲間が遅れて職場に到着した。

「ちょっと病院へ寄って来たんです」

最近、調子が悪いから診てもらったのに

どこも悪いところはないという結果が出て、少し不満そう。

症状を聞くと、体がだるくて疲れやすいのだという。

それって「お年頃」の始まりなのでは?

女性は二度「お年頃」を迎える。

思春期、そして閉経前後に訪れる体の不調。

私はあまり苦労なく二度目のその時期を過ぎてしまったが

私の場合、汗がどーっと出ることなどは全くなくて、

気持ちが落ち込んだり、すごく寒がりになるといった形で現れた。

今思えばそれが私の「お年頃」だったのだなあ、と思う。

人はお年頃を経て成熟していく。

季節の変わり目に、過ごし方を変えたり、これから訪れる季節の備えをしていくように

人生の季節の変わり目にも、そんな心づもりが必要なのだと思う。

体が知らせてくれるひそやかなシグナルを

聞きのがすことのないようにいられる自分でいたい。

スポンサードリンク

フォロー宜しくお願いします。

おすすめグッズ

previous arrow
next arrow
Slider

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る